ホーム | 日系社会ニュース | 文協秋の古本市=雨天でも長蛇の列、700人

文協秋の古本市=雨天でも長蛇の列、700人

古本市の様子

古本市の様子

 文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)による『秋の古本市』が15日、文協ビルで開催された。
 当日は雨天にも関わらず、午前9時の開場前から長蛇の列ができた。今回の来場者数は約700人、売上金額は1万6172レとなった。昨年11月に行なわれた「春の古本市」から来場者数は約100人増加。売上げは全額、文協運営費に充てられる。
 同イベント関係者は非日系人の来場者が増加していることに触れ、「文協を通して、日本の文化を伝える催物になったと思われる」とコメントを寄せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ