ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 10年前、ブラジル日本移民百周年を記念してパラナ州アサイー市で建設開始された「旭城」がこの1日、開所したと同日付地元紙が報じている。姫路城を模した建物は4階建てで高さ約30メートル。600平方メートルの1階では展示が行なわれ、2階はレストラン。3階は日本移民記念館となり、最上階は同市文化課の事務所となる。建築のため約300万レの費用がかかったとか。兵庫県の人が来伯する際はぜひ立ち寄って欲しい場所だ。パラグアイのアスンシオン近郊にある前原城は有名だが、ブラジルではおそらくこれが最初。サンパウロ州でもパラナに倣って、誰か日本式のお城を作りませんか?

image_print

こちらの記事もどうぞ