ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」のブラジル支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチをしたり、スカーフを使う曲もあり、500曲以上から選んで体操を行う。健康増進だけでなく、認知症予防目的の体操もあるとか。ブラジルの同協会は12年に齋藤会長らが来伯、健康表現体操のセミナーを開催したことがきっかけで13年に発足。今回は一般の来場者も簡単な振り付けを教わり参加できる。懐かしい曲に合わせて体操を楽しんで、体も頭も心も健康になるなら一石三鳥?!
    ◎
 本面18日付『NHK紅白歌手=三山ひろしからメッセージ=公演チケット、残り僅か=スペシャル晩餐会も決定』記事に間違いがあった。主催の池田マリオ・プロダクションの池田マリオ社長によれば、公演当日で共演するのは高知県人会のよさこいグループ「龍高知よさこい」のみ。藤間流舞踊学校とも共演を企画しているとあるのは間違いだった。関係者にお詫びの上、訂正する。池田社長によれば、当日は日本からテレビ局などの取材も訪れるとのこと。“移民の祖”水野龍の出身地高知県生まれの三山ひろしだけに、移民との関係にこだわって歌う曲や演出を考えている。今年一番のすごいショーになりそう?!

image_print

こちらの記事もどうぞ