ホーム | 日系社会ニュース | 中島宏著『クリスト・レイ』=移民112年記念で掲載開始

中島宏著『クリスト・レイ』=移民112年記念で掲載開始

プロミッソンにあるクリスト・レイ教会の威容

プロミッソンにあるクリスト・レイ教会の威容

 ブラジル日本移民112年を記念して、隠れキリシタン移民をテーマにした小説『クリスト・レイ』の掲載を始める。これは著者の中島宏さんによれば、10カ月あまりを執筆に費やし、2015年9月に刊行した作品だ。中島さんはサンパウロ州プロミッソンを訪れる機会に恵まれた際、たまたまクリスト・レイ教会に足を運んだようだ。

 かつて上塚周平植民地といわれた日本人にゆかりの深いこの地には、福岡県今村出身の元隠れキリシタン移民がゴンザガ区に集住していた。彼らは資金を出し合って1938年に彼らの故郷にあるサンミゲル教会の複製を建立した。そんな特異な移民史から、中島さんはインスピレーションを受けたようだ。

 中島さんは、1942年に当時中華民国であった天津市の日本租界にて生まれた。1944年、戦況悪化のため日本に帰国(愛知県一宮市)。

 1956年、父がブラジルへの企業移住を決意、同年9月サンパウロ市に家族と共に移住した。中島さんは1964年、アルバレス・ペンチアード商高(現FECAP)を卒業。

 1965年〜67年、アメリカと日本に長期滞在。帰伯後、父の経営する企業グループに入社し、1971年以降はグループの農牧会社専属となって牧場事業に専念した。2001年、グループの総責任者となり、現在に至る。

 1990年代から趣味としての小説の執筆活動を続け、2013年2月に文藝春秋社より小説『ブーゲンビリア・遥かなる大地』を出版(ブラジルにっけい文芸賞受賞)。2015年に『クリスト・レイ/約束の地』を出版(サンパウロ)。2017年には『グレートプレーンズ』(同)を出版(同)している。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引2020年10月21日 《ブラジル》持続可能性重視で電気トラック製造=VW社が業界けん引  世界中で持続可能性(サステナビリティ)を重視した車の製造が進められているが、ブラジルではトラック業界がこの分野をけん引している。  2年間のテスト期間を経て、21年3月から電気トラックを製造し始めるのはフォルクスワーゲンのトラック・バス部門(VWCO)だ。リオ州レゼ […]
  • 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る2020年10月21日 《ブラジル》上半期に殺人事件が増加=10分間で1人が犠牲に=2年連続の減少傾向覆る  ブラジルでの殺人事件発生率は2019年に過去10年間で最低を記録したが、コロナ禍の今年上半期は逆に増え、10分間で1人が殺されたと19日付現地紙が報じた。  18日に開かれた全国治安フォーラムによると、1~6月は人口100万人あたり25・712人が殺人事件の犠牲とな […]
  • 《ブラジル》最高裁新判事=学歴詐称疑惑は不問で上院承認へ=LJ作戦に否定的立場の候補2020年10月21日 《ブラジル》最高裁新判事=学歴詐称疑惑は不問で上院承認へ=LJ作戦に否定的立場の候補  21日に上院で、最高裁新判事に指名されているカシオ・ヌーネス・マルケス氏の口頭試問(サバチーナ)が行われるが、すでに上院憲政委員会(CCJ)のメンバーの過半数の支持を得て、承認は確実視されていると、20日付現地紙が報じている。  最高裁判事に承認されるためには、CC […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?2020年10月21日 《ブラジル》コロナ禍=大学の授業料滞納が激増=42万人が中途退学や休学?  高等教育機関メンテナンス担当者の組合(Semesp)によると、今年上半期の授業料滞納者は全体の11%に上り、昨年同期比で29・9%増えた。また、中途退学者や休学者も14%増えたと19日付現地紙、サイトが報じた。  Semespのデータは全国53の高等教育機関を対象に […]
  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]