ホーム | ブラジル国内ニュース | ルーラ=アチバイアの件はパラナ地裁で=トフォリ判事が請求却下=「モロ逃れ」は失敗に 

ルーラ=アチバイアの件はパラナ地裁で=トフォリ判事が請求却下=「モロ逃れ」は失敗に 

トフォリ判事(Lula Marques/Agência PT)

トフォリ判事(Lula Marques/Agência PT)

 最高裁のディアス・トフォリ判事は3日、ルーラ元大統領からの、サンパウロ州アチバイアの別荘を介しての収賄疑惑の裁判をパラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事の管轄から外すよう求めた請求を却下した。3日付現地紙サイトが報じている。
 ルーラ氏側の弁護士が要求したのは、検察が実際はルーラ氏のものと主張しているサンパウロ州アチバイアの別荘の改修工事を、建設会社が賄賂代わりに無料で引き受けたとする容疑での裁判をモロ判事の管轄から外すことだった。ルーラ氏側は「アチバイアの問題はペトロブラスでの贈収賄工作に絡んだものではないので、モロ判事の管轄にはならないはず」と主張し、最高裁に訴えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ