ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》民営化計画=実際に入札されたのは計画の42%=エネルギー・石油部門が頼み

《ブラジル》民営化計画=実際に入札されたのは計画の42%=エネルギー・石油部門が頼み

 任期終了まで残り7カ月あまりとなったテメル政権(民主運動・MDB)だが、政権が進めようとしていた公共インフラの運営権、経営権の民間企業委託計画は中々実現せず、次政権への宿題となって残りそうだと、6日付現地紙が報じた。
 官民合同プログラム(PPI)は、政権発足後間もない16年の9月に、ブラジル経済を再び成長させることを目的として発表された。PPI審議会がこれまでに5回開かれ、175のプロジェクトが承認されたが、その内、入札にこぎつけたのは、42・2%にあたる74件だけだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • リオ日系団体で忘年会=300人が賑やかに2010年1月6日 リオ日系団体で忘年会=300人が賑やかに ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  リオ州日伯文化体育連盟(鹿田明義理事長)は、12月13日に日系協会会館で忘年会を開催、リオ日系協会が協力した。荒川吉彦在リオ総領事夫妻が出席したほか、リオ日本商工会議所、リオデジャネイロ日伯文化協会、リオ日本語モデル校、リオデジャネ […]
  • 東西南北2015年10月28日 東西南北  昨日27日は、ルーラ前大統領の70歳の誕生日だった。だが、そのタイミングで、三男ルイス・クラウジオ氏の企業にゼロテス作戦での捜査の手が伸び、自身の政権時の暫定令(MP)をめぐる連邦政府の関与も疑われる贈収賄劇が浮上した。さらに、その直前には、友人のジョゼ・カルロス・ブンライ氏 […]
  • カザロンに図書館=市文化局から500冊寄付2003年10月7日 カザロンに図書館=市文化局から500冊寄付 10月7日(火)  モジ市コクエラ区のカザロン・デ・シャー協会(中谷哲昇会長)は五日午前十時、地域住民に読書に親しんでもらおうとコミュニティ図書館を暫定オープンした。 […]
  • 自然医療「原始点」=ホー氏が講演会=サンパウロ市2011年2月2日 自然医療「原始点」=ホー氏が講演会=サンパウロ市 ニッケイ新聞 2011年2月2日付け  鍼灸専門学校で講師を務めるホー・リーシェン氏が「原始点」という独自の自然治療法について、2回の講演会を開催する。会場はサンパウロ市ジャバクアラ区の同専門学校(Av. Eng. Armando […]
  • 《ブラジル》19年越し、下院が派遣法を承認=対象は全ての職種、分野に=連立与党からの造反議員多く、今後の政権運営に不安も2017年3月24日 《ブラジル》19年越し、下院が派遣法を承認=対象は全ての職種、分野に=連立与党からの造反議員多く、今後の政権運営に不安も  ブラジル連邦下院が22日夜、全ての企業活動において派遣労働者の採用を認める法案(以下、派遣法)を、賛成231票、反対188票、欠席8で可決したと22、23日付現地紙・サイトが報じた。  同法案の基本骨子は、「派遣労働を、全ての企業活動において認める」「派遣労働者の契約・ […]