ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロが人種差別裁判延期で不利に 政見放送での攻撃避けられず TVで女性キャスターと口論 国連からも要注意の勧告

《ブラジル》ボウソナロが人種差別裁判延期で不利に 政見放送での攻撃避けられず TVで女性キャスターと口論 国連からも要注意の勧告

ボウソナロ氏(右)(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

ボウソナロ氏(右)(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

 最高裁第1小法廷は28日、大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が行った発言が憲法の定める人種差別に当たるとの起訴状を受理し、同候補を被告にするか否かの投票を行ったが、アレッシャンドレ・デ・モラエス判事が「票の見直し」を求めたため、結論が1週先延ばしにされた。31日の大統領選政見放送開始前に無罪を勝ち取りたかった同氏には不利な結果となった。28日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問2017年10月14日 ボウソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問  18年の大統領選の世論調査で支持率2位につけているジャイール・ボウソナロ下院議員が、大統領選を1年後に控え、アメリカでキャンペーンを行ったが、そこで次々と仰天発言を行い、疑問点や矛盾点も垣間見せている。 […]
  • キューバ=Fカストロと中南米=(上)=共産化恐れ軍政乱立=「革命家」から独裁者に2016年11月29日 キューバ=Fカストロと中南米=(上)=共産化恐れ軍政乱立=「革命家」から独裁者に  キューバのフィデル・カストロ前評議会議長が現地時間の25日、90歳でその一生を終えた。1959年のキューバ革命以来、1962年のキューバ危機でのアメリカとの対立のみならず、ブラジルを含めた中南米の歴史を大きく左右した同氏の影響について、2回にわたりたどっていく。   […]
  • 「大臣の半分を軍人に」=軍政礼賛の大統領候補ボウソナロ氏2017年3月14日 「大臣の半分を軍人に」=軍政礼賛の大統領候補ボウソナロ氏  1960年代から80年代にかけて21年間も軍事政権下にあったこと、2003年から13年間、左翼の労働者党(PT)政権にあったことから、ブラジルでは長いこと、右翼傾向が見られない国だと思われていた。  だが、2014年に発覚しはじめたラヴァ・ジャット作戦を筆頭とした一大政 […]
  • 詩人Fグラール死去=伯国前衛詩の第一人者2016年12月6日 詩人Fグラール死去=伯国前衛詩の第一人者  ブラジルの現代詩の第一人者として知られ、「ネオ・コンクレティズム」を推進した詩人のフェレイラ・グラールが4日朝、リオ・デ・ジャネイロ市で肺炎のため亡くなった。86歳だった。5日付現地紙が報じている。  マラニョン州サンルイス生まれのグラールは、若い頃から詩人として生きる […]
  • レナト・ルッソが没後20年=伝説のカリスマ・ロッカー、記念企画絶えず2016年10月12日 レナト・ルッソが没後20年=伝説のカリスマ・ロッカー、記念企画絶えず  10月11日、ブラジルが生んだ史上最高のロックバンド、レジオン・ウルバーナのリーダー、レナト・ルッソが世を去って20年が経った。  おそらく、ある年齢層より下の層にしてみれば、ブラジルの音楽界でもっとも聴かれ続けているポップ・ミュージックのアーティストはレジオン・ウルバ […]