ホーム | ブラジル国内ニュース | 7下議の裁判が地裁へ=最高裁の特権の見直しで

7下議の裁判が地裁へ=最高裁の特権の見直しで

 3日に最高裁が連邦議員の法的特権(フォロ・プリヴィレジアード・FP)の制限を決定した影響で、早くも7人の議員の裁判案件が最高裁の手から離れたと、5日付現地紙が報じている。
 3日の判事投票で、連邦議員がFPで保護される範囲は、「任期中に起こった、職務に関わる刑事裁判のみ」ということになった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ