ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍CPI委員18人の顔ぶれ決まる=大統領にさらに厳しい展開=タッソやレナンらの名前も

《ブラジル》コロナ禍CPI委員18人の顔ぶれ決まる=大統領にさらに厳しい展開=タッソやレナンらの名前も

CPI委員の顔ぶれ(Twitter)

 ロドリゴ・パシェコ上院議長(民主党・DEM)が14日に、コロナ禍における連邦政府の対応に関する議会調査委員会(CPI)の開設を宣言した後、各政党がCPIの委員を早々に選出した。そこには、CPIの開設を提案したランドルフ・ロドリゲス上議(レデ)をはじめ、ボルソナロ政権批判者として知られる党の重鎮たちが並び、ボルソナロ大統領にとってきびしい顔ぶれとなった。15日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ