ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》3千万人が投票権を放棄=1998年以来の高い棄権率

《ブラジル》3千万人が投票権を放棄=1998年以来の高い棄権率

 7日に行われた統一選の一次投票に行かなかった人は約3千万人で、棄権率は20・3%だったと高等選挙裁判所が発表したと8日付現地紙サイトが報じた。
 20・3%という数字は、1998年の21・5%に次ぐ高率となる。棄権率が最も高かったのは、1994年の29・3%だ。統一選での棄権率は2006年以降、16・8%が18・1%、19・5%にと、上昇傾向にある。今年の場合、全国の棄権者は2990万人に達した。14年選挙での棄権者は2770万人だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ