ホーム | コラム | 樹海 | 歌い易さは思いやりの表れ

歌い易さは思いやりの表れ

 今年も5月第一日曜日に、サンパウロ市の静岡県人会館で橘和音楽祭が行われた。橘和オズワルド・保江夫妻とその子供達や配偶者、孫まで参加するバンドの生演奏やカラオケでの歌、シンセサイザーの演奏、コーラスを楽しむ中、歌手の一人が「橘和バンドは歌い易い」と言った▼その言葉を聞いて、橘和バンドの伴奏の巧さと思いやりを思った。歌手が日頃使うカラオケの演奏になるべく近い伴奏をと心がけ、楽譜を揃えるのと並行して、各自がユーチューブで何度も演奏を聴き、自分の音や役割を確認。歌手との練習以前に、家族での音あわせも何度も繰り返す▼思いやりや繊細さは舞台上のバナーやテーブルの上の花に添えられた手作りの札、今年の音楽祭の目玉の一つでもある「UPK(パウリスタカラオケ連合)のうた」の詞を作った川合節子氏への顕彰にも表れた。川合氏作詞、故島田正一氏作曲のこの曲は、2013年のサンパウロ州選抜カラオケ大会で発表され、唄う喜びや人の和について歌っている。作詞者顕彰は、この歌がUPKでもほとんど歌われていない事を残念に思う保江氏らの思いの丈を表す行為だ。川合氏やUPK役員と共にこの曲を歌ったコーラスのメンバーは、ひらがな書きの楽譜とそれに添えた漢字混じりの歌詞で歌の意味をより深く理解した▼イベント開催は骨が折れる作業だ。橘和音楽教室の行事は、バンドの練習や装飾、弁当などの手配、参加者を空腹で帰らせないために軽食の準備を依頼する心配り、終了後の器材運搬など、目に見えない部分での配慮によって支えられている。思いやりや愛情に満ちた橘和音楽祭。素晴らしい家族と支援者に心からの拍手を送りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]