ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》W杯景気、前回ほどの勢いなく=「効果はあくまで限定的」とも

《ブラジル》W杯景気、前回ほどの勢いなく=「効果はあくまで限定的」とも

W杯開幕まであと1カ月を切ったが、TVの売り上げの伸びは前回大会直前期を下回っている(Arquivo /Marcelo Casal Jr./Agencia Brasil)

W杯開幕まであと1カ月を切ったが、TVの売り上げの伸びは前回大会直前期を下回っている(Arquivo /Marcelo Casal Jr./Agencia Brasil)

 ロシアW杯開幕まで、ちょうど1カ月、14日にはW杯に出場するメンバー発表も行われたが、ブラジル経済はまだ、いわゆる〃W杯景気〃の恩恵を受けていないと、14日付現地のニュースサイトが報じた。
 W杯前は、通常テレビの売り上げが伸びると言われているが、今のところ、楽観的になれる要素は出てこない。全国電気電子製品メーカー会(Eletros)によると、今年のテレビの売り上げ予想は昨年比では10%増の1250万台だが、今年上半期の売り上げはこれまでのところ、前にW杯が開かれた2014年のペースを下回っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年12月11日 東西南北  11月に行われた市長選で再選したばかりのブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、9日に癌治療の経過を見るための検査を受けた。癌発見は昨年で、化学療法を終えた後も癌が消滅しきらず、今年2月に免疫療法を始めていた。今回の検査によって、免疫療法の効果が出ていることが確認されたが、 […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]