ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》W杯景気、前回ほどの勢いなく=「効果はあくまで限定的」とも

《ブラジル》W杯景気、前回ほどの勢いなく=「効果はあくまで限定的」とも

W杯開幕まであと1カ月を切ったが、TVの売り上げの伸びは前回大会直前期を下回っている(Arquivo /Marcelo Casal Jr./Agencia Brasil)

W杯開幕まであと1カ月を切ったが、TVの売り上げの伸びは前回大会直前期を下回っている(Arquivo /Marcelo Casal Jr./Agencia Brasil)

 ロシアW杯開幕まで、ちょうど1カ月、14日にはW杯に出場するメンバー発表も行われたが、ブラジル経済はまだ、いわゆる〃W杯景気〃の恩恵を受けていないと、14日付現地のニュースサイトが報じた。
 W杯前は、通常テレビの売り上げが伸びると言われているが、今のところ、楽観的になれる要素は出てこない。全国電気電子製品メーカー会(Eletros)によると、今年のテレビの売り上げ予想は昨年比では10%増の1250万台だが、今年上半期の売り上げはこれまでのところ、前にW杯が開かれた2014年のペースを下回っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]