ホーム | 日系社会ニュース | 「被爆者の記憶を残したい」=心理学研究者の中川さん

「被爆者の記憶を残したい」=心理学研究者の中川さん

研究について話す中川さん

研究について話す中川さん

 サンパウロ市在住の心理学研究者、中川イズミ・クリスチアーネさん(36、二世)が、ブラジル在住の被爆者を探している。
 研究テーマ「被爆者のトラウマと感傷、責任と赦し、恥と名誉:証言とそのパラドックス」の集大成になるという。研究のために広島県に50日間滞在した際、100時間以上かけて13人の被爆者を調査した。その時は一日で約18時間も研究に没頭したそうだ。
 中川さんは被爆者の壮絶な経験を聞く中で、ブラジルに移民した被爆者の記録を残す必要性を感じたという。「被爆者自身も記録に残すことを望んでいる人が多い。ブラジルには100人以上の被爆者がいるはず」と語った。
 調査した被爆者の中には、放射能に関する風評被害を恐れて、最近になってようやく家族に被爆経験を伝えた人や、家族を作らずに孤独に暮らす人もいたそうだ。
 「日系人でも原爆の記録や被爆者の経験を知っている人は少ない。泣きながら話す人や、話さずに死にたくないと訴える人もいた。10年後に話を聞ける被爆者はいなくなってしまうだろう。これは広く知らせ、残さなければならない記憶」と執筆の理由を語った。
 問合せは、中川さん(11・98293・4864/cristiane.izumi@gmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2008年6月11日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年6月11日付け  サンパウロ市で開かれたバンデイランテス植民地出身者の集いを訪ねた。 […]
  • リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに2020年6月4日 リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに  リオ市の写真家達が、コロナウイルスの蔓延で苦しむファヴェーラ(スラム街)の人達を支援する資金作りのため、自分達が撮影した写真をオンラインで競売にかけた。  写真の競売を計画したのは、「ファヴェラグラフィア」と呼ばれるプロジェクトに参加する9人の若手写真家達だ。スラム […]
  • コラム 樹海2003年2月20日 コラム 樹海 […]
  • サンパウロ市で1寝室の物件増加=東部や北部でも数伸ばす2012年7月21日 サンパウロ市で1寝室の物件増加=東部や北部でも数伸ばす ニッケイ新聞 2012年7月21日付け  学生の1人暮らしなどで需要急増の1寝室の物件新築が、サンパウロ市東部や北部でも増えたと15日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]