ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日、パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事がニューヨークで表彰された。受賞した賞は、アメリカとブラジルの企業が参加する商工会議所の「今年の顔」という名の賞だった。モロ判事は受賞スピーチで、「ブラジルでは、大統領と下院議長という、ふたつの大きな罷免と、元大統領の逮捕が起きたが、それによって民主主義が崩壊するような兆候はない」と語った。普段、そのことを忘れ、国に対する文句ばかりを言いがちな国民だが、冷静に考えれば、それらの出来事の後も、国民が国の浄化を求め、前向きな姿勢にあるというのは望ましいことだ。そういう流れに先鞭をつけた意味でも、モロ判事の果たした役割はやはり大きいのでは。
     ◎
 高等裁判所第3小法廷は15日、CPTMに対し、性的暴行の被害を受けた24歳の女性に2万レアルの賠償金を支払うよう命じた。これは、被害者が2014年2月に、ルス駅からグアイアナゼス駅に至るCPTMの車両内で性的暴行を受けた事件に関する判決だ。この件は1審でCPTM側の責任追及を求める判決が出されたが、サンパウロ州裁判所と高等裁では逆転していた。だが、この日の判事投票で再度逆転した。まだ上告可能ではあるが、他の同様の件の被害者にも貴重な判決だ。
     ◎
 15日にサッカーのリベルタドーレス杯の試合でベネズエラに遠征していたグレミオが募金を行い、360ドルを宿泊先のホテルの従業員に寄付したことがわかった。同国は現在、独裁政権による政情危機と8800%にも上るハイパー・インフレで苦しんでいる。少しでも役立てばよいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月28日 東西南北  ジャイール・ボルソナロ次期大統領の三男で下院議員のエドゥアルド氏が26日、米国での外遊をはじめた。ワシントンDCで記者会見を行ったエドゥアルド氏は、「損なわれたブラジルの信用を取り返す」と、父の新政権について語った。同氏はさらに、その後に行われた米国の政府関係者との会議でベネ […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著2018年11月7日 PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著  PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]