ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館=経済班の蛭子領事が離任=上田氏「進出企業の力に」

在聖総領事館=経済班の蛭子領事が離任=上田氏「進出企業の力に」

蛭子領事、上田領事

蛭子領事、上田領事

 厚生労働省からの出向で在聖総領事館に勤務していた蛭子英稔領事(43、兵庫県)と、その後任の上田基仙領事(37、北海道)が交代挨拶のため11日に来社した。
 蛭子領事は経済班で、主に進出日系企業の側面支援をした。2015年の着任時、日伯修交120周年記念行事や技能国際五輪がサンパウロ市で行われており、日伯間の要人往来が多かったことに触れ、「大変だったが、当地に慣れるという意味では良かった」と振り返り、「日系社会、進出企業にも良くしてもらった」と感謝を述べた。
 上田領事は初めてのブラジル、サンパウロ市に「活気がある」と印象を語り、「今までの仕事と内容がガラッと変わるが、できるだけ進出企業の力になりたい」と意気込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年10月4日 東西南北  サンパウロ州保健局が2日、州内で新たに4人、サランポ(麻疹、はしか)による死者が確認されたと発表した。死者が出たのはサンパウロ市、イタニャエン市、オザスコ市、フランシスコ・モラト市だ。サンパウロ市での死者は生後11カ月の女児で予防接種を受けていなかった。同市では8月に、199 […]
  • 「婦人の集い」と併催=コ青連協、カラオケ大会2008年8月1日 「婦人の集い」と併催=コ青連協、カラオケ大会 ニッケイ新聞 2008年8月1日付け […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領=やはり連警に干渉か?=モロは携帯で証拠を提示=後任には息子たちの知人=警察側も強い懸念と反発2020年4月28日 《ブラジル》ボルソナロ大統領=やはり連警に干渉か?=モロは携帯で証拠を提示=後任には息子たちの知人=警察側も強い懸念と反発  【既報関連】24日のセルジオ・モロ法相の電撃辞任は、その後も強い波紋を投げかけている。同日午後にはボルソナロ大統領とモロ元法相との間で激しいメッセージの応酬が行われた上、25日以降は、大統領が指名する意向の連警トップと新法相が、噂されている息子の捜査逃れを目的としたも […]
  • 大耳小耳2014年10月18日 大耳小耳  橘谷ロシオさんは日系二世の父とイタリア系の母を持つメスチッサ。ほぼペルー日系社会の中で育ち、運動会や紅白歌合戦など伝統行事にもよく参加したという。25歳で父母の故郷山口県に研修に行った際は、「どこでそんな古い日本語を覚えたの」と驚かれたとか。「日本では日本人じゃないといわ […]
  • ■訃報■下元万里男さん2018年10月16日 ■訃報■下元万里男さん  コチア産業組合創立者の故・下元健吉さんの長男、下元万里男さんが13日正午12時半、サンパウロ市ピニェイロス区の自宅で心筋梗塞のため亡くなった。享年91。  下元さんは1927年7月8日、コチア市で生まれた。同市の『コチア小学校』として知られるモイーニョ・ヴェーリョ区の日本語 […]