ホーム | コラム | 樹海 | 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

・マリス氏が家庭内暴力で同判事告発との記事を週末に出た雑誌が掲載した事が原因だ▼マリス氏は昨年12月に離婚したが、家庭内暴力は肉体的、精神的の両面に及んでいたという。同氏によると、17年10月には髪の毛を引っ張り、自宅の階段で引き倒した上、ナイフを持ち出して殺そうとさえしたが、周りの人が止めたため、殴って突き飛ばすだけで終わったという▼マリス氏は、13年間の結婚生活中、6年間の会話を録音しており、言葉と力による暴行を受けていたと供述。検察はカウダス氏をマリス氏から遠ざける方策を採るよう裁判所に求めた。だが、裁判官は、カウダス氏はもう別居しており、ケンカの原因は金銭上のトラブルと判断し、検察の要請には応えなかった▼カウダス氏の弁護士は「女性が6年間の会話を録音していたのは、将来的に金を要求するつもりだった証拠」とし、録音は言葉による暴力が繰り返されていた事を示すが、肉体的な暴力はなかったと釈明する文書も出した。米州人権裁判所は、女性に対する暴力はどのようなものであれ、厳格な捜査を必要とするとの見解を示した▼カウダス氏は11年にジウマ前大統領から指名され、翌年の米州機構総会で人権裁判所判事に選ばれた。16~17年は長官も務めた。前述の事件は同氏が同裁長官だった年に起きており、家庭を治める事さえ出来ない判事が国際的な人権法廷を取り仕切っていた事の矛盾を浮き彫りにした。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]