ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トラックスト=運転手が暴行受けて負傷=病院用の衣類運送試みて

《ブラジル》トラックスト=運転手が暴行受けて負傷=病院用の衣類運送試みて

 【既報関連】ディーゼル油の価格上昇に反対して起きたトラックスト4日目の24日、マット・グロッソ州で、病院用の衣類を運ぶトラックが投石を受けた上、運転手が暴行されて負傷する事件が起きたと同日付現地紙サイトが報じた。
 事件が起きたのはマット・グロッソ州都のクイアバから420キロのソリーゾ市だ。運転手は国道163号線を通り、病院への品を納品しようとしたが、同道を封鎖していたトラック運転手達はこれを嫌い、トラックを囲んで進行を妨げた上、フロントガラスに大きな石を投げつけた。
 また、運転手を引きずり出して暴行を加えたため、運転手は徒歩で逃げ出し、連邦道路警察まで行き着いたが、そこで気絶。通報を受けて駆けつけた同道管理会社の医師が手当てを施した。
 連邦道路警察によると、被害に遭った運転手は60歳で、命には別状はなかったが、現場にはトラック運転手が大勢おり、投石を行った人物や被害者に暴行を加えた人物を特定し、逮捕する事は出来なかったという。
 ストに参加しているトラックの運転手達は、自分達の車を停めて他の車の走行を阻害するだけでなく、封鎖地点を通過しようとするトラックがあるとそれを止め、それ以上の業務遂行を阻む行為も行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》パンタナル「象の聖地」にも火災が及ぶ=象5頭が安全な場所に避難2020年10月16日 《ブラジル》パンタナル「象の聖地」にも火災が及ぶ=象5頭が安全な場所に避難  ブラジル中西部マット・グロッソ州の州都クイアバから65キロのシャパーダ・ドス・ギマランエスには、ラテン・アメリア唯一の「象の聖地」があるが、森林火災が多発し、聖地の一部も延焼したため、象5頭が安全な場所に移された。  「象の聖地」を脅かす火災は、聖地の近隣の地所で9 […]
  • 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失2020年9月25日 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失  リカルド・サレス環境相が24日、マット・グロッソ州(MT州)ポコネ市を訪問し、森林火災の実状を再視察したと同日付現地サイト報じた。  ポコネ市はマット・グロッソ州州都クイアバ市から102キロの所に位置するパンタナルの入り口的な町だ。そのポルト・ジョフレ地区にある州立 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす2020年9月10日 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす  ブラジル中西部に広がるパンタナルでの森林火災が40日以上経っても鎮火せず、マット・グロッソ州の州立エンコントロ・ダス・アグアス公園の一部にも被害が及び始めた。  森林火災の被害が出始めたのは、州立公園の一部で、州都のクイアバ市から102キロのポコネ市ポルト・ジョフレ […]
  • 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要2020年9月1日 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要  先住民の人権保護で国際的に知られるカイアポ族のラオニ・メトゥクチレ酋長(89)が新型コロナに感染した事が公表されたと8月31日付現地サイトが報じた。  ラオニ氏は肺炎や白血球数増加で、マット・グロッソ州クイアバ市から503キロのシノッピ市ドイス・ピニェイロス病院に入 […]
  • 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴2020年8月5日 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴  マット・グロッソ州都クイアバ市で7月12日、友人少女宅を訪問中だったイサベレ・ギマランエス・ラモスさん(14歳)が射殺される事件が発生した。発砲したのは同年代の少女。その父親マルセロ・チェスタリ氏(46)が、銃の不法所持等の罪で市警に起訴された。3日付け各伯字紙が報じている。 […]