ホーム | 日系社会ニュース | トラック・スト=日系社会にも甚大な悪影響=バストス養鶏場「飼料が切れる…」=トヨタ、ホンダも工場停止

トラック・スト=日系社会にも甚大な悪影響=バストス養鶏場「飼料が切れる…」=トヨタ、ホンダも工場停止

日系自動車工場も部品が届かずライン停止に

日系自動車工場も部品が届かずライン停止に

 トラック・ストにより全伯に甚大な被害が生じており、日系の企業や養鶏場、レストラン、病院などにも悪影響が広がっている。すでにトヨタやホンダは工場のラインを停止し、聖州で消費される卵の5割を生産するバストスの日系養鶏場にも飼料が届かず、卵が出荷できないという危機的状況になっている。セアザも空っぽという未曾有の中で、寿司店は鮮魚が手に入らず、青果店に野菜が5割り増しの値段で卸されている。早く復旧しないと、日系関連の被害も深刻なことになりそうだ。

 ストにより部品の配送がとまり、自動車製造産業に深刻な悪影響が広がっている。
 ブラジル・トヨタ自動車は、28日午前の時点でソロカバ、インダイアツーバの2工場の稼動を停止している。サンベルナルド・カンポの工場も一部稼動しているのみで、ポルトフェリス工場も同日中にも稼動を停止させる見込みだ。
 また、販売代理店への完成車輸送にも支障をきたしており、ブラジルから諸外国への輸出業務も停止された。同社は「ストの影響を注視していく」とした。
 ブラジル・ホンダは、マナウスの二輪製造工場は通常通り稼動しているものの、四輪車を製造する聖州のスマレ工場は自動車部品の納入が滞り、23日から稼動が停止されている状況だ。
 農業界のなかでも養鶏は、一番深刻な状況に陥っている業界の一つだ。
 南麻州テレーノス市の同市農業組合会長、黒川レイナルド功さん(36、二世)は今回のトラック運転手のストライキには「本当に困っているよ」と一言。同組合が販売する卵は南麻州市場の80%を占めている。
 「一番は飼料。組合の飼料工場から出せる餌は水、木曜にはなくなってしまう。その後は玉蜀黍でどうにかしなきゃいけないが、栄養バランスがガタガタになる」と語り、「玉蜀黍も何日持つか…」とため息をついた。

飼料供給の遅れが心配される日系養鶏場

飼料供給の遅れが心配される日系養鶏場

 また、ミナス、聖、パラナ州から送られてくる卵用のケースや段ボールのストックも減り続け、他市に出荷するトラックも止まった。「折角生んだ卵も出荷できず、養鶏場内に溜まっていく」と嘆いた。
 聖州バストス市の養鶏場グランジャ・ツルの天野健二社長(68、山梨)によると、同市も同様の状況だ。バストスは聖州の卵消費量の50%、国内の20%を生産する「卵の都」として有名だ。大手養鶏家の大半を日系人が占めるなど、今も農業界に日系人の大きな影響力が残っている業界だ。
 同養鶏場では50万羽を飼育し、内15万羽が老鶏。天野さんは飼料の消費を遅らせるため、老鶏の給餌を2週間程絶つという。「それでも飼料が数日分しか残っていないので、もう切れてしまう…。いつもはこんなことはやらないんだが、しょうがない」と心苦しそうに語った。
 天野さんによると、市内のスーパーの野菜は切れ、あるのは卵のみだそうだ。1955年に移民した天野さんは「こんな状況は初めて見た。国中同じ様なものだと思うが、本当に困っている」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ