ホーム | 日系社会ニュース | スト=前代未聞、セアザが空っぽ=「今まで見たことない」

スト=前代未聞、セアザが空っぽ=「今まで見たことない」

平日にもかかわらずガラガラになったセアザの様子を報じる26日付けエスタード紙1面

平日にもかかわらずガラガラになったセアザの様子を報じる26日付けエスタード紙1面

 2005年ごろから10年間、聖州食料保管センター公社(通称セアザ、Ceagesp)で組合役員を務めた井上久弘さん(80、二世)は、「セアザが空っぽだよ。いままででこんなことは一度もなかった。セアザの関係者から話を聞いたが、野菜も魚も新しく入荷しないので、古いものを売るしかない。値段も高くなっている」と話す。
 コガ・オズワルドさん(58、2世)はミナス州からにんじんを仕入れてセアザで販売している。「36年間ここで働いているが、こんなことは今までなかった。木曜日にいつも仕入れる量の5%だけ届いたが、その日のうちに売り切れてしまい、それからは売るものがない。スーパーが主な客だが、売ることができず申し訳ない」と話した。
 「明日にはにんじんが届くと聞いている。無事に届くことを祈る」と語り、まさにこのままではお手上げの様子だ。
 「日本では震災のときにみんなが物資を持ち寄って助け合ったでしょう。ここでは困っているのに乗じて便乗値上げしている人たちが多いから、日本とは大違いだね」とあきれた様に語った。
 豆や香辛料を取り扱うカゲヤマ・アサコさん(53、二世)は、「野菜や香辛料はサンパウロ州内から少し入っているみたい。でも果物はバイーアやリオから仕入れているから、全然ない」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売2019年10月1日 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売  2012年にモジ市中心部にオープンしたMNラーメンは開店から7年がたち、独自の進化を続け、その評判は地元ブラジル人にも知れ渡って来た。何が進化と言えば、親会社のMNプロポリス社(和田カルロス社長)は、2018年には有機味噌、今年は本醸造有機丸大豆甘口しょうゆ「伯魂」を […]