ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》為替相場が7日に1ドル=3・9レアルを突破=中銀が大型市場介入を明言=翌8日は大幅なドル安に=「選挙リスク」が市場に影とも

《ブラジル》為替相場が7日に1ドル=3・9レアルを突破=中銀が大型市場介入を明言=翌8日は大幅なドル安に=「選挙リスク」が市場に影とも

イラン・ゴールドファジン中銀総裁(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

イラン・ゴールドファジン中銀総裁(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 7日のドル/レアル為替相場は、1ドル=3・91レアルと前日比2%のドル高で引け、サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)も2・98%ダウンの7万3851・46ポイント(P)で引けた。2016年3月1日以来のドル高水準となったことで、イラン・ゴールドファジン中銀総裁は即日会見を開き、来週末までに通貨スワップ手法で200億ドル規模の市場介入を行うと表明した上、ドル売り、レアル買いのため、外貨準備に頼る可能性も示唆した。

 通貨安、株安の理由としては、景気回復の遅れや5月のトラックストなど、国内事情に原因があるものと、米国の利上げムード、原油高、貿易戦争の恐れなど、国際事情に原因があるものが、年頭から指摘され続けてきた。だが、市場関係者たちからは、最近の動きは、国内要因の一つである「選挙リスク」の影響が最も大きいのではないかとの声が上がっている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ