ホーム | ブラジル国内ニュース | リオデジャネイロ随一の観光名所、ポン・デ・アスーカルのケーブルカー=近隣地区で銃撃戦発生のため運行休止=ただし翌日は平常運行

リオデジャネイロ随一の観光名所、ポン・デ・アスーカルのケーブルカー=近隣地区で銃撃戦発生のため運行休止=ただし翌日は平常運行

リオ市南部の絶景が見渡せるケーブルカー(Tomaz Silva/Agência Brasil)

リオ市南部の絶景が見渡せるケーブルカー(Tomaz Silva/Agência Brasil)

 リオ市南部、ウルカ地区で8日、警察と麻薬組織との間で激しい銃撃戦が発生し、コルコバードのキリスト像と並び、ブラジルでも屈指の観光スポット、ポン・デ・アスーカルのケーブルカーの運行が一時休止したと、8、9日付伯字紙・サイトが報じた。
 ケーブルカーは2時間にわたって運行を休止。1912年の開業以来、暴力事件が影響しての運休は初めてだった。
 ケーブルカーはウルカ地区の発着所と、ポン・デ・アスーカルの丘を結んでいる。ケーブルカーが運休した事で、数十人の子供を含んだ100人ほどが、丘の上に一時取り残された。また、ウルカ地区上空を飛行路とするサントス・ドゥモン空港も15分ほど離着陸が中断された。
 軍警大隊は8日午前8時に、ウルカ地区とレメ地区、ボタフォゴ地区の間にある、バビロニアやシャペウ・マンゲイラと呼ばれる丘のスラムへの侵攻を開始した。
 バビロニア、シャペウ・マンゲイラのスラムは、今月はじめより、敵対する麻薬組織同士の抗争が激化していた。
 バビロニアやシャペウ・マンゲイラのスラムは丘の南側レメ地区側に面しているが、そこでの軍警の一団に遭遇した、麻薬組織の数名は丘を上り、反対側の、丘の北、ウルカ地区やヴェルメーリャ海岸方面に逃走しようと試みた。ウルカ地区は軍の施設が集中しているエリアでもある。
 インターネット上では、丘の北側の岩肌を強引に降り、ヴェルメーリャ海岸に着いたギャングの映像も拡散された。このギャングは逮捕され、ライフル銃6丁も押収された。
 軍警2人も銃撃戦で負傷したが、命に別状はなかった。
 なお、ポン・デ・アスーカルのケーブルカーの運行は9日以降、正常に戻っている。(9日付エスタード紙、同アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 練習艦隊=サンパウロ 永松通一2015年8月18日 練習艦隊=サンパウロ 永松通一  8月5日午前9時、サントス港のブラジル海軍桟橋に海上自衛隊の練習艦隊「やまぎり」と「しまゆき」の2隻が接岸して、入港式典が行われた。旗艦の練習艦「かしま」はリオデジャネイロに分散入港したため、艦隊の司令官不在で実習士官、個艦乗組員も半減して、過去の式典に比べると簡素なもの […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]