fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》ロシアが得点の都度ウオッカ=同国人のピザ店が無料で配る

《サンパウロ》ロシアが得点の都度ウオッカ=同国人のピザ店が無料で配る

 ロシアでのW杯開幕戦は、開催国のロシアとサウジアラビアの対戦で、ロシアが5対0で初戦を制したが、サンパウロ市東部のロシア人のピザ店では、ロシアが得点する都度、応援者達にウオッカが振舞われた。
 サンパウロ市内でも有数のロシア人居住地区にある店の名前は、店主のラファエル氏の苗字と同じ「クレストフ」。W杯期間中の特別メニューには、ブラジルゾーヴィスキやフランソーヴィスキ、アレマニョーヴィスキなど、ロシアを思わせる名前のピザが8種類並ぶ。
 民族衣装を見につけたロシア人やその家族などが集まって母国を応援した事はもちろんだが、この日は、ロシアが得点するたびに、応援のためにと集った人々に、1杯ずつ、ウオッカが配られる。5対0だから、皆が最大5杯のウオッカを、それも、無料で飲んだ事になる。
 母国の勝利を祝い、店の前で歌い、踊る人々を見ながら、「見ろよ。皆、ロシアが勝ったのと、ウオッカを飲んだのとで、すっかり陽気になっている」と目配せするのは、同店店主のラファエル氏だ。
 「我々はロシアの伝統をこの地区に持ち込んだ。もちろん我々の心の中にもね。母国の伝統はとても豊かで美しい。私は3世だが、一家の歴史を伝えていくのは我々の務めさ。だから、今回のピザのテーマはロシアにした。我々の伝統を新たに伝えていくためにね」と同氏は続ける。
 ロシアの伝統的な音楽にウオッカ、期間限定のメニューも用意された店は、開幕戦を観戦するロシア人やその子孫達が一堂に会する場となった。
 ラファエル氏は、「世界中のロシア人やその子孫は皆、この結果を心から喜んでいるに決まっている」と言って、インタビューアーに微笑んだ。(14日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 東西南北2020年10月8日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区グロリア街にある市警のセー第1署が、歴史的な建造物に指定されているが故の事務手続きの煩雑さにより、思うように改築できないという問題に直面している。第1署は建物の傷みがひどく、建物を利用している警官や市民にも危険が及ぶ可能性が出ているため、市警が […]