ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》ロシアが得点の都度ウオッカ=同国人のピザ店が無料で配る

《サンパウロ》ロシアが得点の都度ウオッカ=同国人のピザ店が無料で配る

 ロシアでのW杯開幕戦は、開催国のロシアとサウジアラビアの対戦で、ロシアが5対0で初戦を制したが、サンパウロ市東部のロシア人のピザ店では、ロシアが得点する都度、応援者達にウオッカが振舞われた。
 サンパウロ市内でも有数のロシア人居住地区にある店の名前は、店主のラファエル氏の苗字と同じ「クレストフ」。W杯期間中の特別メニューには、ブラジルゾーヴィスキやフランソーヴィスキ、アレマニョーヴィスキなど、ロシアを思わせる名前のピザが8種類並ぶ。
 民族衣装を見につけたロシア人やその家族などが集まって母国を応援した事はもちろんだが、この日は、ロシアが得点するたびに、応援のためにと集った人々に、1杯ずつ、ウオッカが配られる。5対0だから、皆が最大5杯のウオッカを、それも、無料で飲んだ事になる。
 母国の勝利を祝い、店の前で歌い、踊る人々を見ながら、「見ろよ。皆、ロシアが勝ったのと、ウオッカを飲んだのとで、すっかり陽気になっている」と目配せするのは、同店店主のラファエル氏だ。
 「我々はロシアの伝統をこの地区に持ち込んだ。もちろん我々の心の中にもね。母国の伝統はとても豊かで美しい。私は3世だが、一家の歴史を伝えていくのは我々の務めさ。だから、今回のピザのテーマはロシアにした。我々の伝統を新たに伝えていくためにね」と同氏は続ける。
 ロシアの伝統的な音楽にウオッカ、期間限定のメニューも用意された店は、開幕戦を観戦するロシア人やその子孫達が一堂に会する場となった。
 ラファエル氏は、「世界中のロシア人やその子孫は皆、この結果を心から喜んでいるに決まっている」と言って、インタビューアーに微笑んだ。(14日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月6日 東西南北  現在、クラブW杯参加のため、カタールに遠征中のパルメイラス。同大会には準決勝からの参加で、北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)との対戦となる。同チームにはボランチのレギュラーにかつてアトレチコ・ミネイロで活躍したブラジル人選手ラファエル・カリオカがいるが、国際的に有名な […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]
  • 東西南北2021年2月3日 東西南北  リベルタドーレス杯で優勝して南米一になったパルメイラスは1日、カタールでのクラブW杯出場選手23人を発表したが、そこに決勝戦で得点を決めたブレーノ・ロペスの名前はなかった。大一番で脚光を浴びた彼だが、もともと出場機会の少ない選手だっただけに、涙を飲む形となった。だが、昨年まで […]