fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》インフルエンザの死者446人に=予防接種は22日まで延長

《ブラジル》インフルエンザの死者446人に=予防接種は22日まで延長

 保健省が13日、インフルエンザの予防接種期間を22日まで延長する事を決めたと14日付伯字紙、サイトが報じた。
 予防接種キャンペーンは5月31日までの予定だったが、トラック運転手のストのため、6月15日まで延長された。
 しかし、現在の接種率は対象グループの77・6%に過ぎない上、昨年同期の倍以上の死者が出ているため、22日まで延長する事になった。予防接種の対象者は、60歳以上の人、6カ月~5歳未満の子供、医療機関で働く人、先住民、妊婦や出産後45日以内の女性、慢性病の患者で、子供と妊婦の接種率が全体的に低い。
 6月9日現在のインフルエンザによる死者は446人で、昨年同期の204人の倍以上となっている。感染が確認された患者数も、昨年同期の1227人の倍以上となる2715人だ。死者の大半(284人)はH1N1型により、87人のH3N2型(患者数は563人)が続く。残りは、他種のA型とB型だ。
 地域別接種率は低い方から、南東部71%、北部72%、南部81・3%、北東部84%、中西部91・4%となっている。州別接種率が低いのは、ロライマ(53・59%)、リオ(57・29%、ロンドニア(70・91%)、南大河(77・82%)だ。90%の目標達成州は、ゴイアス、アマパー、セアラーの3州だけだ。
 保健省が懸念しているのは、免疫能力が弱い、または低下している乳幼児や高齢者が、感染が増える冬を無防備なまま迎え、重篤化する事だ。そういう意味で、南東部の子供の接種率48・95%、妊婦接種率54%は大きな懸念材料だ。
 近年の予防接種率は低下傾向にあるが、保健省は、予防接種の普及で罹患者が減り、予防接種の重要性を認識しなくなった可能性を指摘した。
 ちなみに、インフルエンザが大流行した2016年は、患者数1万2174人、死者数2220人を記録した。
 同省では、子供の予防接種率向上策として、複数の自治体が既に取り入れている、保育園単位での予防接種実施なども検討し始めている。
 25日以降もワクチンが残っている市では、5~9歳の子供と50代の人も接種が受けられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 汚職問題で批判の高まるジウマ大統領(José Cruz/Agência Brasil)2015年4月14日 大統領支持率下げ止まり=低支持率定着との見方も=副大統領昇格は認知度低く  9、10日にダッタ・フォーリャが全伯2834人を対象に行った調査で、国民の60%(前回「3・15」デモ直後は62%)が現政権を「悪い/最悪」と評価し、ほぼ同数の63%が議会はジウマ大統領の弾劾手続きを行うべきだと答えたと、「4・12デモ」当日付のフォーリャ紙が報じている。 […]
  • 調印文書を史料館に寄贈=サンパウロ州・三重県姉妹提携46周年2019年7月31日 調印文書を史料館に寄贈=サンパウロ州・三重県姉妹提携46周年  サンパウロ州と三重県の姉妹提携46周年を記念し、7月3日にサンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会ビルで式典が執り行われた。  式典には姉妹提携調印当時の州知事のラウド・ナテル氏、当時のサンパウロ市長の故ミゲウ・コラソノ氏の息子、エドゥアルド氏、また三重県人文化援護協 […]
  • 東西南北2018年9月25日 東西南北  サンパウロ州ボイトゥーヴァで22日、23歳の父親と3歳と1歳の2人の息子が、林の中で首を吊って死んでいるのが見つかった。この父親は20日、妻から別れ話を切り出され、激しく抵抗したという。その後、父親は保育園に預けていたグスターヴォちゃんとベルナルドちゃんという名の息子2人を迎 […]
  • 《ブラジル》貯蓄預金の実質利率=11年ぶりの高収益率を記録=入金が引き出しを1700億レアルも上回る2018年1月12日 《ブラジル》貯蓄預金の実質利率=11年ぶりの高収益率を記録=入金が引き出しを1700億レアルも上回る  【既報関連】昨年の公式インフレ率(IPCA)は2・95%で19年ぶりの低インフレだった。これが原因でポウパンサ(貯蓄預金)の実質利率(ポウパンサ利率から、インフレ率を引いたもの)が11年ぶりの高水準になっていると11日付現地紙・サイトが報じている。  現在、ポウパンサ利率は […]
  • 来年のオスカーにはどの作品?=ブラジル代表は「反骨」の一作2013年9月25日 来年のオスカーにはどの作品?=ブラジル代表は「反骨」の一作 ニッケイ新聞 2013年9月25日  20日、来年2月にアメリカで開催される映画の祭典「アカデミー賞」の外国語映画賞へのブラジル代表作品として、クレベール・メンドンサ・フィーリョ監督(45)の「オ・ソン・アオ・レドール(O Som ao […]