ホーム | ブラジル国内ニュース | ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で

ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で

 ブラジルのサッカー史を代表する名選手として知られたロナウジーニョ・ガウッショが6日夜、偽造パスポートの使用で実兄と共にパラグアイの首都アスンシオンで逮捕された。7日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。
 ロナウジーニョとマネージャーの兄アシス氏は4日、パラグアイ発行で、本物だが、同国国籍を持っているという虚偽の情報が入った偽造パスポートと、偽の身分証明書使用の件で宿泊先のアスンシオンのホテルで取り調べを受け、5日の午前中には同国検察庁で事情聴取を受けた。
 パラグアイの検察庁は供述後、二人は直接偽造に関わっていないとして、不起訴にする方針を固めていた。
 だが、検察が出したロナウジーニョら不起訴の意見書を、ミルコ・ヴァリノッティ判事が却下。同判事はこの件の判断をどうするかを、検察側に差し戻した。
 その結果、フェデリコ・デルフィーニ検察官が、「国外脱出を防ぐため」に逮捕することを求め、それが了承された。
 二人は、宿泊先のホテルを「ヨット&ゴルフ・クラブ」からシェラトン・ホテルに変更し、新たな宿泊先に到着した後に逮捕された。
 翌7日にはクララ・ルイス・ディアス判事が、2人の逮捕による一時拘束を改めて認めた。
 ロナウジーニョの担当弁護士のセルジオ・ケイロス氏は、「2人の逮捕は違法」だとして、無効を求めている。
 パラグアイの検察によると、2人にはさらなる余罪の疑いがあって調査中だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]