ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》インフルエンザ=予防接種の対象や日程確認を=5月12日は一斉接種の日

《ブラジル》インフルエンザ=予防接種の対象や日程確認を=5月12日は一斉接種の日

医療関係者への予防接種(Rovena Rosa/Arquivo Agência Brasil)

医療関係者への予防接種(Rovena Rosa/Arquivo Agência Brasil)

 4月23日から始まったインフルエンザの予防接種キャンペーンは6月1日まで行われるが、一斉接種の日付などの情報が一部で混乱しているようなので、サンパウロ市を中心にもう一度まとめてみる。
 最初の週は、60歳以上の人と医療関係者、先住民が対象だったが、2日からは、6カ月以上5歳までの子供、妊婦、出産後45日までの女性も接種が可能となる。
 9日からは、教師、慢性疾患患者(心臓病や糖尿病、ガン、喘息、エイズ、肝炎などの患者、臓器移植後などで免疫能力が落ちている人など)、合併症を起こしている人が対象に加えられる。
 刑務所職員などはこの枠外の対象となる。
 また、12日は、全国一斉に予防接種を行うXデー(ブラジルではディア・D)で、保健所や移動ポスト(車、船)などが1日開放され、前述の対象者全員が、接種を受ける事が出来る。
 今年の予防接種は、A型2種(H1N1とH3N2)ならびにB型の3種混合型だ。
 これまでにインフルエンザの予防接種を受けて重度のアレルギー反応が出た人や、鶏卵やその派生物など、ワクチン作成時に使用する材料に対するアレルギーを持っている人は、接種を避けた方が良い。また、最近発熱した人や発熱中の人、ギラン・バレー症候群のような神経障害を起こしている人は、医師の指示を仰いでから接種を受けた方が良い。
 サンパウロ市では、6月1日までのキャンペーン期間中に230万人に予防接種を施す事を目標としている。4月23、24の両日に予防接種を受けた人は171万6千人で、その内訳は、60歳以上10・8%、医療関係者4・8%、先住民4・2%だったという。
 リオ市の場合は、4月24日から29日の間に15万人が予防接種を受けた。同市では、6月1日までに140万人の対象者の90%に接種を施す事を目標としている。
 なお、予防接種は私立の医療機関でも受ける事が出来る。私立の医療機関ではB型のワクチンをもう1種含む、4種混合を使用しているところもある。料金は90~160レアルとされている。
 インフルエンザの予防接種は、重症化を避け、致死率を下げるのに役立つ。年によってウイルスの型が変わるので対象者は毎年受けた方が良い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人2021年3月4日 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人  サンパウロ州は2日の死者が過去最多の468人増え、累計も6万14人となった。一般病室も含めた入院患者が1万6千人を超え、UTI占有率が75・3%となった。  同州は3日に規制を強化し、6~19日の14日間は全州を赤レベルとすると発表した。ただ、親が医療従事者である場 […]
  • 東西南北2021年3月4日 東西南北  ボルソナロ大統領が、イスラエルで癌治療用に開発され、「コロナにも効く」と噂される鼻から吸引のスプレーに興味を抱き、6日にエルネスト・アラウージョ外相らを派遣し、ブラジルでの第3段階の治験を行うための交渉を行わせる。人口約900万人とサンパウロ市よりも少ないイスラエルでは、ワク […]
  • JH=日本への交流・留学フェア=20校以上参加、相談会も2021年3月4日 JH=日本への交流・留学フェア=20校以上参加、相談会も  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は「日本国内における交流・留学フェア」(FIEJ、https://www.feiradojapao.com/)の公式企画の一環として3月4日と8、9日にウェビナーを同館ユーチューブやエアミー […]
  • 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時2021年3月4日 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時  暗いニュースは書きたくないし、読みたくない。だが、実態を知らなくては戦えない。最悪の状況だからこそ、何が起きているかを知らなければならないと思う。  米国大統領選最終日、マスクも着けないトランプ氏をマスク不着用で迎えた熱狂的な支援者を見て、感染者や死者が増えると考え […]
  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]