ホーム | 特集 | ブラジル日本移民110周年 | 「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 野口 泰

「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 野口 泰

野口総領事

野口総領事

 「日本移民の日」を迎えるに際し、日本人のブラジル移住が110周年を迎えたことを、皆様方と共に喜び、心より祝意を表します。
 そして、祖国日本を離れてブラジルに移住され、幾多の苦難を乗り越えた末に今日190万人とも言われる日系社会の繁栄へと繋がる道を切り開いてこられた先人の方々に対し、心からの敬意と追悼の意を捧げます。
 昨年10月にサンパウロに着任以来、各地の日本人移住地を訪問させていただき、日系社会の方々からお話を伺う機会を設けさせていただきました。
 それぞれの移住地では、言葉では言い尽くせない苦闘、そしてそれらの困難を乗り越えられ今日の成功を築かれた歴史を直接伺うことができ、改めて110年という歴史の流れの中で連綿と続いて来た日系社会の歴史を感慨を持って受け止めることが出来ました。
 また、どの地域におかれても皆様が日本文化の伝承及び日系子弟への熱心な教育に取り組まれている様子に感動いたしました。これからの世代を担う若者たちが、日系人としての誇りを持って、日伯両国の社会で大いなる活躍をされることを願っています。
 本年はブラジル日本人移住110周年です。この記念すべき年を皆様と共にお祝いすると共に、日伯両国の絆が更に強まることを願っております。サンパウロはブラジルにおける経済・文化の発信地としての役割を担い、その内容は年々多様化し、また重要度も増してきております。
 その中で、日系社会の皆様はブラジル社会において確固たる信頼と実績、高い評価を得ておられます。
 先般、当地を訪問された河野太郎外務大臣も、ブラジルにおける日系社会の存在の偉大さに感銘を受けておられました。これらはひとえに皆様方のご努力の結果であり、ブラジルのみならず世界に於ける日本の地位向上に大きく寄与されているものと誠に嬉しく感じます。
 ジャパン・ハウスの成功も日系人の方々が培ってこられた日本に対する信頼が、その背景にあると考えます。
 日本人移住110周年という大きな節目に際し、私共も、皆様と一体となって取り組み、更なる日伯両国の相互理解を深めることを目指し、あらためて気持ちを引き締めてまいります。
 結びに、改めて先人のご遺徳を偲び、皆様方お一人おひとりのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げると共に、日系社会の益々のご発展を願い、挨拶とさせていただきます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を2018年7月21日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を  沖縄県人会に協力要請する以前に、奥原さんは日系社会を代表する組織、ブラジル日本文化福祉協会にもお願いしたが、断られていた。すでに当事者の大半が亡くなっており、当時を知らない世代ばかりになった今、「今さらそんなことをほじくらなくても」という声も強い。そんな流れに掉さす様 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]
  • ■ひとマチ点描■パウリスタ大通りの大日章旗2018年6月20日 ■ひとマチ点描■パウリスタ大通りの大日章旗  これほど巨大な日の丸が南米一の目抜き通りに出現したことは、歴史上初めてでは――日本移民の日の18日夜から翌朝まで、パウリスタ大通りにあるサンパウロ州工業連盟(Fiesp)が粋なオメナージェン(顕彰)をした。ビルの壁面全体を覆った電飾を使って日の丸の旗を映し出したのだ。 […]
  • 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い2018年6月19日 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い  《幾山河ここに恋あり命あ里》という川柳を見た覚えがないだろうか――サンパウロ市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街の大阪橋のたもとにある、日本庭園を入ったすぐ左に建てられている句碑の作品だ。  東洋街に出入りしながら、心を焦がすような熱い恋をして、命を削るような辛い思い […]