ホーム | 特集 | ブラジル日本移民110周年 | 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫

移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫

県連 山田会長

県連 山田会長

 笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も110周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世では成人に達した人もあり、七世も近いかと思われます。
 毎年、六月十八日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラのブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑で法要が行われており、ブラジル日本文化福祉協会では先亡者追悼法要が行われます。
 今年は十八日が月曜日ということもあり、十七日に行うことになりました。この慰霊法要は、ブラジルの日本人、日系人にとって鎮魂の日であり、この日を忘れることは出来ません。
 思えばブラジル日本移民一一〇年の歴史は、決して平坦な年月であったわけではありません。
 戦前、戦後を通じて、このブラジルの大地で波瀾に富んだ過去を持つ、私たちの歴史でありますが、いまや一九〇万を超える日系人は、この国の各層に深く溶け込み、ブラジル国発展のために広く活躍するに至っております。
 これも笠戸丸移民を祖とする移民先輩諸氏の労苦の賜であると思います。このことを後世世代に残し伝えることが、私たちの義務であると思います。
 ここに移民開拓に尽くされた方々、開発途上で志むなしく亡くなられた方々、それより前にブラジルへの渡航途上に事故や病気で亡くなられた六百余名の方々、またブラジルの地に生まれて逝去された方々への慰霊に追悼の意を表したいと思います。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要2017年6月20日 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着し、日本人移民がブラジルの地を踏んでから109年―。今年も「移民の日」を迎え、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(佐々木良法エドアルド会長)共催による『開拓先亡者追悼法要』が、18日午後2時から文協大講堂で開催 […]
  • 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席2018年5月1日 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席  日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられ […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]