ホーム | イベント情報 | 豊田さん個展、23日に開催=過去作品から未発表の新作まで

豊田さん個展、23日に開催=過去作品から未発表の新作まで

来社した豊田さん

来社した豊田さん

 日本人環境芸術化の豊田豊さんがブラジル日本移民110周年を記念した個展『豊田豊 ― O Ritmo do Espaço(空間律動)』が、聖市のアルマンド・アルヴァレス・デ・ペンテアード伯美術館(MAB-FAAP、Rua Alagoas, 903, Higienópolis)で23日から9月2日まで開催される。入場無料。ヘッヂ・ドール・サン・ルイス病院が後援。
 1965年~2018年までの作品が展示され、「豊田さんの人生が凝縮された世界」の展覧会となる。技術評論家のデニーゼ・マタールさんが豊田さんの作品の収集家にも協力を呼びかけ、作品80点以上をまとめたほか、豊田さんが「まさに大作」と語る未発表の新作も展示される。
 23日午後3時から開会式、カクテルパーティーが行われる。展示期間中は講演会や展示作品ツアーなども予定されている。
 案内のため来社した豊田さんは「おそらく作家人生最後の展覧会になるかも。今までの個展の中でも大きなものなので、是非来て欲しい」と来場を呼びかけた。
 同美術館の開館時間は平日(火曜休館)が午前10時から午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで。入場は閉館の1時間前まで。
 問合せは(11・3662・7189)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ