ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》逃亡中の闇為替ブローカー、メッセル=出頭は条件次第と語る=パラグアイに出頭なら、ブラジルでの裁きは数年後?

《ブラジル》逃亡中の闇為替ブローカー、メッセル=出頭は条件次第と語る=パラグアイに出頭なら、ブラジルでの裁きは数年後?

 【既報関連】5月3日に、闇為替ブローカー摘発のため、連邦警警が〃カンビオ・デスリーゴ〃(CD)作戦を行った。
 それ以来逃亡を続けているブラジルの大物闇為替ブローカー、ダリオ・メッセルに、出頭して捜査に協力する意思があると、24日付ブラジル現地紙が報じた。
 パラグアイに潜伏している可能性もあるメッセルは、ブラジル、パラグアイで指名手配されている。メッセルの弁護士は「出頭は条件次第。身柄を拘束されることなく、自由の身で取調べを受けることを望んでいる」と語った。
 メッセルは不在のまま、資金洗浄、国外資産隠しを目的とした犯罪組織形成の容疑でブラジル検察に起訴され、6月15日に被告となった。
 他方、パラグアイ当局も、ブラジルでのCD作戦を受けて捜査を立ち上げ、同国内にあるメッセルの個人口座や法人口座を凍結した。メッセルがパラグアイで出頭した場合は同国で裁きを受け、その後にブラジルへ国外追放されるが、パラグアイでの裁判や司法手続きは数年間かかる可能性がある。
 メッセルの弁護士によると、「全てを供述してもよいが、首筋にナイフを突きつけられたくないと語っている」という。
 アッスンソンのパラグアイ当局と合意を結べば、パラグアイで出頭しても、迅速にブラジルに国外追放してもらえる(つまり、早くブラジルで裁きを受けることもできる)とブラジル当局にほのめかし、その交換条件として自分に有利な条件をメッセルは引き出そうとしているのだ。
 しかし、メッセルはパラグアイのカルテス大統領と友人関係にある事から、パラグアイでは、「メッセルを同国内で捕らえ、裁判にかけるべき」との世論も強い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》投資資金貯金出来たは8%=投資の意味に認識の違いも2019年4月23日 《ブラジル》投資資金貯金出来たは8%=投資の意味に認識の違いも  ブラジル国内の金融業者の連合であるANBIMAが昨年初頭に行った調査によると、経済活動を行っている(子供や高齢者などを除いた)ブラジル国民の56%が「今後12カ月で投資資金を貯金することに興味がある」と答えた。  しかし、最近の調査によると、「昨年投資資金を貯金できた」と答 […]
  • 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に2018年12月8日 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に  サンパウロ市西部バラ・フンダで5日に公文書偽造罪で捕まった男性が、1977年にスペインでテロ事件を起こして逃亡していた人物だったことが判明した。7日付現地紙が報じている。  この男性の本名はカルロス・ガルシア・フリアで、24歳だった1977年1月24日にマドリッドで起きた「 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=パラグアイの独裁者を賞賛=軍政時代の歴代大統領も2019年2月28日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=パラグアイの独裁者を賞賛=軍政時代の歴代大統領も  ボウソナロ大統領は26日、パラナ州フォス・ド・イグアスで、パラグアイの長期独裁者だったアルフレッド・ストロエスネル氏と、ブラジルの軍政時代(1964~85年)の大統領たちを賞賛するスピーチを行った。27日付現地紙が報じている。  これは、ブラジルとパラグアイが共同で管理する […]
  • パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に2018年4月24日 パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に  パラグアイで22日に行われた大統領選挙で、中道右派で与党コロラド党のマリオ・アブド・ベニテス候補(46)が、中道左派で野党リベラル党のエフライム・アレグレ候補(55)らを抑えて当選したと23日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。 […]
  • 《ブラジル》銃の密輸と密売で一斉摘発=リオ州の犯罪組織に供給か2018年12月5日 《ブラジル》銃の密輸と密売で一斉摘発=リオ州の犯罪組織に供給か  リオ州市警と連邦道路警察が3日、銃の密輸や密売に関与していると考えられる犯罪者グループを一斉に摘発した。  「デザルミ」作戦は、リオ州とマット・グロッソ・ド・スル(MS)州で敢行された。同作戦の対象となった犯罪者グループの存在は、リオ州の犯罪組織への武器の流れを追いかける中 […]