ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》5月に殺人事件が増加=昨年同月比42%増の64件

《サンパウロ市》5月に殺人事件が増加=昨年同月比42%増の64件

 サンパウロ市での殺人事件は減少傾向にあるが、5月の事件数は64件(死者66人)で、今年初の増加となったと26日付現地紙が報じた。
 5月の事件数は昨年同月(45件)比42%増で、12年12月以来の高率となった。
 5月の増加は、ここ41カ月間で6度目、17年1月からでは3度目の増加だ。1~5月の事件総数は昨年同期より4・5%減っている。
 サンパウロ市での殺人事件は州都第一コマンド(PCC)と警察の衝突が繰り返された12年に急増後、減少傾向にある。同年12月には156件の殺人事件が起き、前年同月(96件)比62%増加した事になる。
 保安当局は増加の原因を掴みかねているが、5月の殺人事件の37%はトラック運転手のスト期間中に起きた。この期間中は警察車両も燃料不足で活動が制限され、いくつかの地域で巡回頻度が落ちた。市保安局では、その事と殺人事件増加の相関関係は明らかになっていないとしている。
 ジェツリオ・ヴァルガス財団のラファエル・アウカジパニ教授は、サンパウロ市の殺人事件は南部と東部に集中しているが、これらの地域では特別な動きはなかったという。5月に事件数が最も増えたのは、1件から5件に増えた南部のジャルジン・ミルナ区(第85署管轄)だ。南部と東部、北部の8区でも2件ずつ増えている。
 サンパウロ州に目を転じると、8カ月連続で増え、1036件に及んだ強姦以外の犯罪は減少した。減少率は、殺人7・4%、強盗殺人40・6%、強盗14・3%、車強盗12・4%、窃盗7・6%、車の窃盗13・5%となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 法案が下院で承認される様子(Gustavo Lima/Camara dos Deputados)2015年3月5日 連邦下院=女性の殺人への量刑強化=法案は大統領裁可待つのみ=望まれる社会啓発活動  3日、連邦下院はエレオノーラ・マニクッチ女性政策局長臨席の下、殺人事件の中でも「女性殺人」を一つの分類として分け、量刑を強化する法案を採択したと4日付伯字各紙が報じている。 これにより、女性ゆえのハンディキャップにつけこんだ殺人は、より一層の重罪と見なされる。今日ブラジル […]
  • 《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に2021年1月12日 《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に  サンパウロ証券取引所(Bovespa)の元社長、ライムンド・マグリアーノ・フィーリョ氏が11日、コロナウイルス感染症により、入院先のサンパウロ市アルバート・アインシュタイン病院で亡くなった。78歳だった。11日付伯字サイトが報じている。  マグリアーノ氏は1942年 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第101話2021年1月7日 中島宏著『クリスト・レイ』第101話  いってみれば、クーデターという名の政変を鎮圧するために、これを武力で解決しようという局部的な動きであって、大きく一般市民の支持を受けた戦いではなかった。それはたとえば、あのアメリカで起きた南北戦争とは、規模においても内容においても、極めて矮小なものであったことは間違いない。 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第100話2021年1月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第100話  ブラジルの主要な輸出製品であるコーヒーの輸出が、それまでには見られなかったほどの減少ぶりを示し、一度に売れなくなってしまった。さらには、砂糖、とうもろこし、綿、牛肉といった輸出の牽引役ともなっていた農産物のすべてが、同じように総崩れになっていった。  一九二0年代の後半には […]
  • セーラ元サンパウロ州知事が被告に=14年上議選の違法献金で2020年11月6日 セーラ元サンパウロ州知事が被告に=14年上議選の違法献金で  4日、元サンパウロ州知事(2007〜10年)で2002、10年の大統領候戦次点でもあったジョゼ・セーラ上議(民主社会党・PSDB)が、隠し口座での収賄容疑で被告となった。5日付伯字紙が報じている。  この判断を下したのはサンパウロ州選挙地域裁のマルコ・アントニオ・マ […]