ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》23、24日に大学入試の追試実施=1月に異例の欠席率記録

《ブラジル》23、24日に大学入試の追試実施=1月に異例の欠席率記録

 23日と24日、1月に行われた国家高等教育試験(ENEM)の追試が行われた。23日付現地紙が報じている。
 ENEMは本来、昨年の11月に行われる予定だったが、コロナ禍のため、今年の1月17、24日に実施された。通常の試験の応募者は550万人いたが、感染拡大や受験者の罹患その他で、初日の欠席率は51・5%、2日目は55・3%と、異例の高さを記録した。
 デジタル版の応募は9万6千人で、初日が68%、2日目は71・3%が欠席した。欠席の理由はその日の体調不良だけではなく、受験会場が密となり、試験がとりやめになった例や、市単位で延期となった例も含まれている。

 受験できなかった人のための追試は毎年行われているが、今年は受験者数が19万4千人に及び、全国851の会場で追試実施となった。
 追試の概要は、初日は語学、人文科学、作文(小論文)で、2日目は数学と自然科学となっている。
 回答集の発表は3月1日で、受験生への結果通達は3月29日だ。
 ENEMは国内最大規模の大学入試の意味を持つ実力試験で、奨学金や学生融資基金からの援助を受ける際の判断基準ともなる。今年は開催が遅れ、大学の入学年度に間に合わなくなる可能性が生じていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]
  • 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて2021年5月7日 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて  ボルソナロ大統領が5日に行った、コロナウイルスは中国の陰謀との論をほのめかすような物言いが、中国からの原材料輸入に頼っているワクチンのコロナバックの調達を遅らせるとの懸念を生んでいる。5、6日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領の問題発言が行われたのは […]
  • 《ブラジル》中銀=Selicが年3・5%に=予告通り0・75%P引上げ=インフレ高進の抑制に必死2021年5月7日 《ブラジル》中銀=Selicが年3・5%に=予告通り0・75%P引上げ=インフレ高進の抑制に必死  中銀の通貨政策委員会(Copom)が5日、経済基本金利(Selic)を0・75%ポイント引き上げ、年3・5%とする事を決めたと5日付現地サイトが報じた。  Selicは、経済活動が減速、低下している場合は、景気を刺激するために引き下げられ、インフレが高進している場合 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中2021年5月7日 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)は、3月25日18時から「3月度代表者会議」並びに「第55回定期総会」をオンラインアプリ「ZOOM」で行い、各県人会代表者や役員50人が参加、ポルトガル語を中心に開催され、日本祭りは会場運営会社と協議継続中であることに加え […]