ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》穏やかな選挙前哨戦=大統領候補が経済政策披露=企業家らを前に活発な討論=労働法関連発言に不満の声

《ブラジル》穏やかな選挙前哨戦=大統領候補が経済政策披露=企業家らを前に活発な討論=労働法関連発言に不満の声

CNI主催会議で発言するマリーナ・シウヴァ候補(Andre Carvalho/CNI)

CNI主催会議で発言するマリーナ・シウヴァ候補(Andre Carvalho/CNI)

 およそ2千人の企業家の前で主要大統領候補が経済政策を披露する、全国工業連合(CNI)主催の会議が4日、ブラジリアで開かれ、ジャイール・ボウソナロ(自由社会党・PSL)、マリーナ・シウヴァ(持続ネット・Rede)、シロ・ゴメス(民主労働党・PDT)、ジェラウド・アウキミン(民主社会党・PSDB)、エンリケ・メイレレス(民主運動・MDB)、アルヴァロ・ジアス(ポデモス)の6人が討論を行ったと、5日付現地各紙が報じた。

 PDT副党首のゴメス氏は、工業界の発展のために為替介入を強めると共に、公的銀行を使い、事業融資の利息を引き下げると語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ