ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マナウスで麻疹による死者=リオの擬似患者は13人

《ブラジル》マナウスで麻疹による死者=リオの擬似患者は13人

 【既報関連】麻疹(はしか)の患者急増で緊急事態宣言を出したアマゾナス州マナウス市の保健局が5日、生後7カ月の男児が麻疹で死亡したと発表した。
 同日付G1サイトによれば、男児が住んでいたのは、麻疹感染者や感染の疑いのある患者が多い同市東部のジョルジェ・テイシェイラ区だ。男児が高熱やセキなどの症状を見せ始めたのは6月23日で、25日からは入院して治療を受けていたが、助からなかった。同君は予防接種を受けていなかった。
 同市では、6月23日に死亡した9カ月の女児についても、感染の有無を確認中だ。女児が住んでいたのも患者や擬似患者の多い地区で、予防接種は受けてなかった。
 同市では麻疹感染が確認された患者が271人おり、8月の予定だった予防接種キャンペーンを前倒しで行っている。
 アマゾナス州での麻疹による死者確認は、今回が初めてだ。同州以外では、ベネズエラ人の患者発見を機に、麻疹が流行し始めたロライマ州で2人の死者が出ている。
 他方、リオ市保健局は同日、サンパウロ市で麻疹と診断されたリオ連邦大学(UFRJ)の女子学生を含む17人の擬似感染者について、4人は感染していなかったと発表。同日付アジェンシア・ブラジルによれば、最初に麻疹と診断された学生は同州ペトロポリスで開かれた学生の会合に参加し、他州から来た学生とも接触しているので、その時に感染した可能性がある。他の擬似患者12人も全員UFRJの学生で、市民への感染拡大の可能性は低いと見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待2018年11月20日 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待  米国のトランプ政権の国防関係者が今月末に来伯し、ジャイール・ボウソナロ次期大統領と面会を行う予定だと、17日付現地紙が報じている。  それはジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官のことで、同氏は30日からアルゼンチンで開催されるG20サミット前の28日にブラジルを […]
  • ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る2018年9月27日 ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る  米国のトランプ大統領は25日、国連総会の席で、ベネズエラ政府に関して、「軍事的に政権を倒そうとすれば、すぐに倒せる」との発言を行った。26日付現地紙が報じている。  同大統領は、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の独裁政治に関し、「あの国はすごく弱体化しているから、軍事 […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に2018年8月1日 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に  保健省が7月31日、8月6日~31日に、1歳から5歳までの幼児を対象にした予防接種の全国キャンペーンを実施すると発表した。  今回のキャンペーンの対象は、ポリオ(急性灰白髄炎)と麻疹(はしか)で、まだ1度も予防接種を受けた事がない子供やどちらかの接種を受けていない子供はもち […]
  • ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中2018年9月20日 ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中  ベネズエラでは国民の87%が貧困に陥っているという緊急事態の最中に、ニコラス・マドゥーロ大統領がトルコのイスタンブールで超高級ステーキを食べた動画が公開され、世界的に批難を集めた。19日付ブラジル国内紙が報じている。  動画中のマドゥーロ氏は、妻のシリア・フローレス氏と共に […]