ホーム | ブラジル国内ニュース | 息子を守ろうとした父死亡=家族の面前で強盗に撃たれる

息子を守ろうとした父死亡=家族の面前で強盗に撃たれる

事件について報じたG1サイトの記事の一部

事件について報じたG1サイトの記事の一部

 26日夜、リオ市北部のリオ・コンプリード区で、強盗に銃を突きつけられた10歳の息子を助けようとした調理師のフランシスコ・ヴィラマル・ペレスさんが、家族の面前で射殺される事件が起きた。
 妻のコンセイソン・ヴェラス・ドス・サントスさんによると、ペレスさんの息子が近所の店先で携帯電話のゲームを楽しんでいたところ、強盗が来て、頭に銃を突きつけると「携帯電話をよこせ。よこさなければ撃つぞ」と言ったという。
 これを見たペレスさんが息子を助けようとしたところ、強盗が顔面に向けて銃を発射した。ペレスさんは駆けつけた警官の手でリオ市中央部の病院に運ばれたが、病院側は救急外来の通路にしばらく放置されていたという。
 ペレスさんの娘の一人は、病院は安定した状態と知らせてきたのに、その4時間後にはペレスさんは亡くなったと知らせてきたという。
 病院側の説明では、ペレスさんが運び込まれたのは午後10時4分で、外科医が最初に対応したが、執刀した時点では既に、大量の血が気道に流れ込んで気道が詰まり、重体だった。この時点で脳神経外科医も手術に参加し、ペレスさんの体には点滴や酸素救急などの管がつながれた。必要な措置は全てとられたが、心肺停止が起き、蘇生措置の甲斐もなく、27日午前1時24分に死亡が確認されたという。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》初接種はキリスト像の足元で=59歳の看護婦と80歳の女性2021年1月19日 《リオ州》初接種はキリスト像の足元で=59歳の看護婦と80歳の女性  当初の予定が前倒しされ、18日午前中に新型コロナの予防接種ワクチンの各州への配布が行われたブラジル。午後からは各地で、新型コロナの予防接種キャンペーンが始まった。  リオ州の場合、予防接種ワクチンの到着が予定より遅れ、第1陣を乗せた飛行機がサントスドゥモン空港に着い […]
  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]