ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サッカー夫婦の悲劇=南米王者決定戦後に口論=ライバルチームファンの妻を刺殺

《ブラジル》サッカー夫婦の悲劇=南米王者決定戦後に口論=ライバルチームファンの妻を刺殺

リベルタドーレス杯決勝戦の写真と共に、事件について報じる2日付G1サイトの記事の一部

 1月30日に開催された、南米大陸のクラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝戦後、優勝したパルメイラスのファンの妻と、ライバルチームのコリンチャンス(チモン)のファンの夫が口論となり、夫が妻を刺殺するという事件が起きた。
 サッカー熱が高じて殺人事件が起きたのはサンパウロ市西部サンドミンゴス区だ。夫(34歳)によると、リベルタドーレス杯決勝後、パルメイラスの優勝を喜ぶ妻とライバルチームのファンの夫が口論となった。激した妻が包丁で夫の腹を刺したため、カッとなった夫が包丁を取り上げて妻の腹を複数回差し返したという。

 隣人からの通報を受けた警察が駆け付けたところ、妻は台所の床に倒れており、救命措置を施したが助からなかった。夫は現行犯逮捕されたが、腹部のケガの治療が必要と判断され、サンパウロ市北部のマンダキー病院に運ばれた。

血のついたナイフ(参考写真)

 この事件はピリツーバ区の第33署に殺人事件として登録され、現場検証も行われた。加害者は警察官の監視下で入院している。
 パルメイラスとコリンチャンスは、サンパウロ市に本拠を置くライバルチームだ。パルメイラスは現在、クラブワールドカップに出場するため、カタールにいる。リベルタドーレス杯優勝は2度目だが、クラブ世界一のタイトルは持っていない。
 一方のコリンチャンスは2000年と2012年にクラブ世界一となっており、「俺達は世界一のタイトルを持っているが、お前達は持っていない」と言ってパルメイラスを揶揄するのが常だった(2日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]