ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人材派遣業などを手がける事業法人を設立。農業ビジネスにも参入し、ネギの生産者として成功した。日系子弟の教育にも力を入れ、在日ブラジル人学校を創立。講義では30年にわたる日本での活動をとおして見た、在日ブラジル人の現状や抱えている課題、在日伯人コミュニティの存在意義などについて話す予定。問い合わせはJICA横浜海外移住資料館(電話=+81・45・663・3257、メール=info@jomm.jp)まで。日本におけるデカセギの印象が大分変わる講演会になりそうだ。
     ◎
 本日6日(金)午後3時からW杯ブラジル対ベルギー戦で、昼ぐらいから多くの工場、銀行、商店、スーパーは店じまい。土、日をはさんで月曜日、サンパウロ州だけ「護憲革命記念日」でお休み。もしも金曜日にブラジル代表が勝ち進めば、次の試合は10日(火)の午後3時から。つまり、サンパウロ州では金曜から火曜日まで、まともな仕事にはならない…。「ブラジルの機関車」聖州がこれでは、今年の国内総生産が減るのも無理はない?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月24日 大耳小耳  23日付け本紙1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところ。日本政府のこのような取り組みに関してご意見がある読 […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年2月2日 大耳小耳  公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日 […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]