ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡

《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡

 保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。
 デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率は、中西部37・5%、南東部30・6%、北東部23・7%、北部6・7%、南部1・4%だ。疑似症患者発生数上位4市は、サンシモン市の7067件(10万人あたり1人)、セナドール・カネード市の3348件(同2人)など、ゴイアス州に集中している。
 一方、チクングニア熱は3万251人の感染が確認され、8人の死者が出た。疑似症患者発生率は、南東部50・9%、中西部26・8%、北東部13・6%、北部8・3%、南部0・5%となっている。疑似症患者発生数が多いのは、リオ州イタオカレ市の2736人やミナス州コロネル・ファブリシアノ市の5781人だが、擬似症患者の発生率はマット・グロッソ州クイアバ市の538人、10万人あたり7人が最高だ。
 ジカ熱は1674人の感染が確認された。成人の死者は報告されていないが、感染が疑われる死者は53人いるという。疑似症患者の発生率は、南東部32・6%、北東部26%、中西部25・2%、北部15・5%、南部0・7%で、疑似症患者が多い市は、バイア州ペー・デ・セーラ市の1553人(10万人あたり5人)やゴイアス州トゥリンダーデ市の111人(10万人あたり3人)だ。クイアバ市はジカ熱でも疑似症患者が30人おり、発生率も10万人あたり3人と高い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険2018年12月14日 ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険  保健省が12日、デング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行や蔓延に警戒すべき市が47・5%に上るとの調査結果を発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  これらの病気は皆、ネッタイシマカ(Aedes […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻2019年6月25日 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻  ブラジル保健省が、6月10日現在のデング熱の患者数は59万6380人で、死者数は366人に達したと発表したと24日付現地紙サイトが報じた。  同省によると、昨年同期のデング熱による死者は139人で、今年は2倍以上になっている。内188人(51・3%)は60歳以上だった。慢性 […]
  • サンパウロ州で新たな黄熱病の死者=リオは予防接種キャンペーン2018年11月7日 サンパウロ州で新たな黄熱病の死者=リオは予防接種キャンペーン  サンパウロ州で黄熱病による新たな死者が確認された事を受け、同州保健局が5日、海岸部に旅行する人は10日以上前に黄熱病の予防接種を受けるようにとの勧告を出したと同日付G1サイトなどが報じた。  パライバ渓谷クーニャ市に住んでいた26歳の男性の死因が黄熱病であった事が確 […]