ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》カルメン最高裁長官=先月末の保健プラン関連決議を差し止め=「健康は商品に非ず」と語る

《ブラジル》カルメン最高裁長官=先月末の保健プラン関連決議を差し止め=「健康は商品に非ず」と語る

 【既報関連】カルメン・ルシア連邦最高裁長官は16日、国家医療サービス監督庁(ANS)が6月28日に出した、「保健プラン加入者でも、医療実費の40%までを支払う義務が発生しうる」ことを認めた決議を差し止めたと、17日付現地各紙が報じた。
 ANS決議は、保健プランの中でも、加入者が月額基本料以外に、医療サービスの実費の一部を負担する場合の二つの方式、コパルティシパソンまたはフランキアについて定めたものだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ