ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル雇用問題》建設業の落ち込みが続く=正規雇用が軒並み減少=「いっそ自営で請け負う」の声も

《ブラジル雇用問題》建設業の落ち込みが続く=正規雇用が軒並み減少=「いっそ自営で請け負う」の声も

建設業の雇用は低調なままだ。(参考画像・Denio Simoes/Agencia Brasil)

建設業の雇用は低調なままだ。(参考画像・Denio Simoes/Agencia Brasil)

 ブラジルの労働市場において、最近1年間で最も大きく正規雇用を減らした10の分野の内、七つが建設業関連だったことが、全国財・サービス・観光商業連合(CNC)発表の調査で判明したと、24日付現地紙が報じた。
 この調査は、労働省がまとめている全就労・失業者台帳(Caged)を基に行われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ