ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》現金輸送車襲撃事件が昨年上半期より53%増加=北東部に新たなカンガッソ?

《ブラジル》現金輸送車襲撃事件が昨年上半期より53%増加=北東部に新たなカンガッソ?

 ブラジル現金輸送会社協会(ABTV)や全国民間警備員連合(Contrasp)のデータによると、今年上半期(1~6月)の現金輸送車襲撃事件(強盗未遂から現金強奪まで)は昨年同期より53%増えたと、27日付現地紙サイトが報じた。
 今年上半期は17州で75件の現金輸送車襲撃事件が起きており、16年上半期22件(年70件)、17年上半期49件(年116件)と比べると、年々増えている。
 輸送車襲撃事件の地域別発生件数最多は北東部で、16年は年34件、17年は年56件、今年上半期も既に46件起きており、一世紀前の大盗賊、ランピオン一味の再来を意味する「ノヴォ・カンガッソ(新たな盗賊団の意)」なる言葉も生まれている。
 今年の地域別の事件数は以下、南東部13件、南部11件、中西部3件、北部2件で、どの地域もここ3年間、増加傾向にある。今年の州別発生件数を見ると、サンパウロ州とバイア州が各10件、セアラ州9件、ペルナンブコ州8件パライバ州7件などがこれに続く。
 サンパウロ州軍警元大佐で、国家治安局長も務めた事がある治安関係コンサルタントのシウヴァ・フィーリョ氏によると、現金輸送車襲撃事件増加は、標的が判別しやすく、ほぼ確実に現金を手に入れられる上、高速道などを利用すると逃走が容易で、警察が一味を特定して逮捕するのが困難な事などが原因だという。また、サンパウロ州とバイア州での事件が多いのは、地域を統括する現金輸送会社があるからと説明している。
 現金輸送会社そのものを襲う事件は、ABTVが州保安や輸送会社関係者と協議を重ね、4億レアルを投じて警備を強化した事で減少している。会社自体の襲撃事件は、16年が年7件、17年が年3件で、今年上半期は2件だった。
 現金輸送車襲撃には手榴弾や機関銃などの重火器も多用され、警備員が犠牲になる例も多い。警備員の犠牲者は、16年3人、17年6人、今年も既に4人だ。17年以降の負傷者は51人を数える。ABTVは、連邦警察や連邦道路警察、州保安局による武器や爆発物の密輸摘発が強化されない限り、現金輸送車襲撃は減らないとの見解も明らかにした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特集=ブッフェ奄美杯=マレットゴルフ大会=尾崎さんが総合V=コロナ禍で3クラブ競技2020年12月4日 特集=ブッフェ奄美杯=マレットゴルフ大会=尾崎さんが総合V=コロナ禍で3クラブ競技  『2020年度ブッフェ奄美杯忘年親睦マレットゴルフ大会』が11月29日午前10時30分から、サンパウロ州ヴァルジェン・グランデ・パウリスタ市の「ブッフェ奄美」隣接マレットゴルフ場で開かれた。コロナ禍のため今回は持ち回り優勝杯なしで、国士舘、イビウーナ、ピエダーデの3ク […]
  • 《ブラジル》統一地方選で勢い増す中道政党=PSDB増加はドリアに追い風=DEMやセントロンも地盤強化2020年12月2日 《ブラジル》統一地方選で勢い増す中道政党=PSDB増加はドリアに追い風=DEMやセントロンも地盤強化  11月15日、29日に行われた統一地方選では、社会民主党(PSDB)や民主党(DEM)、セントロンなどの中道系政党がうまく波に乗った。それぞれの州での実権を強め、22年の統一選挙に向けた新たな政界の力になりうると、1日フォーリャ紙が報じている。  同紙によると、統一 […]
  • 《ブラジル》第3四半期の失業率は14・6%=12年の統計開始以来最高に=来年は17%まで上がる?2020年12月1日 《ブラジル》第3四半期の失業率は14・6%=12年の統計開始以来最高に=来年は17%まで上がる?  地理統計院(IBGE)が11月27日、第3四半期の失業率は第2四半期より1・3%ポイント高い14・6%で、2012年の統計開始以来、最大となったと発表したと11月27~29日付伯字紙、サイトが報じた。  仕事を探しているが就職口が見つからない失業者は1410万人とさ […]
  • 《ブラジル》決選投票で1110万人棄権=有権者の30%占める2020年12月1日 《ブラジル》決選投票で1110万人棄権=有権者の30%占める  11月29日に行われた全国市長選の決選投票で、投票を棄権した人が1110万人を記録したと、11月29日付現地サイトが報じている。  この数字は、この日に決選投票が行われた57市の有権者の29・50%にあたる。14、16、18年の選挙の際は21%程度だった。  今回 […]
  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]