ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も

日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も

迫力の太鼓パレード

迫力の太鼓パレード

 県連日本祭り3日目の22日、ブラジル日本移民110周年記念式典が行われた大舞台では太鼓演奏や歌謡曲、マジックなど多くの日本伝統芸能が発表された。
 舞台コーディネーターを務めるボランティアのマツシタ・ローザさんが全ボランティアに顕彰を行なうなど、感動的な場面も見られた。
 国際交流基金が招聘した手妻師、藤山大樹さんは日本伝統のマジック「手妻」を披露。次々と増える傘、一瞬で変わるお面などのマジックに来場者は驚きの声を上げ、拍手がわき起こった。
 日系歌手の中瀬リカルドさんは恒例の煌びやかな衣装で登場。2020年の東京五輪について紹介し、東京五輪音頭などを披露した。その後マツシタさんを舞台上に呼び、ボランティアへの感謝を述べた。
 マツシタさんは8年間もボランティアを務めており、長年務めた舞台コーディネーターの仕事は今年が最後となる。その場にいた全ボランティアを舞台上に上げ、「舞台上でボランティアへの顕彰が行われるのは初めて」と仲間の労をねぎらった。

故マツヨシさんはじめボランティアに感謝を述べた

故マツヨシさんはじめボランティアに感謝を述べた

 顕彰の案を出したのは13年間ボランティアをした故マツヨシ・ミエコさん。今年の4月に亡くなり、顕彰の案はマツシタさんが実行することになった。マツシタさんは「4千人ものボランティアがお金や軽食も受け取らず、日本祭りを手伝っている。ボランティアはマツヨシさんのように愛と心で祭りを手伝っているんです」と涙ながらに語り、会場に拍手を呼びかけた。
 マツヨシさんの母も舞台に呼ばれ、中瀬さんが「アミーゴ」を披露。会場から大きな歓声と拍手が贈られた。
 その後、太鼓パレードが発表され、中央の舞台いっぱいに子供から大人までの奏者が広がった。迫力ある演奏が披露され、太鼓の音に集まった人で会場席が満員になった。
 姉妹で来場したリカ・モラエスさん(57)、エラ・デ・サントスさん(54)は「心に響く体鼓演奏だった」と感動した様子。「進行や案内もとても整理されており、祭りを心から楽しめる」と笑った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  聖州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパネル11 […]
  • 移民110周年=7月中旬から約2週間か=眞子さま、ブラジルご訪問=お立ち寄りに期待の声続々2018年4月28日 移民110周年=7月中旬から約2週間か=眞子さま、ブラジルご訪問=お立ち寄りに期待の声続々  秋篠宮同妃両殿下のご長女・眞子さまが、7月中旬から約2週間かけてブラジル公式訪問を検討していると宮内庁が27日に発表したとして、朝日新聞や毎日新聞など複数の日本メディアが報じている。眞子さまの海外公式訪問は、昨年のブータン王国に続く4回目。今回、ご滞在予定が約2週間と […]
  • 栃木県人会60周年盛大に祝う=母県から慶祝団20人迎え=福田知事「皆様は県民の誇り」2018年7月24日 栃木県人会60周年盛大に祝う=母県から慶祝団20人迎え=福田知事「皆様は県民の誇り」  ブラジル栃木県人会(坂本アウグスト進会長)は19日午前、聖市の同会館で創立60周年式典を開催し、福田富一県知事をはじめとする母県からの慶祝団20人に加え、会員約150人が出席して盛大に祝った。  日本移民110周年ということもあり、福田知事に加え、五十嵐 […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • ■今週末の催し2018年6月7日 ■今週末の催し  9日(土曜日)  第9回オザスコ日本祭り、午前10時、同文協(Rua Acenbo, 100, Jardim Umuarama)、日曜も      ◎  カンピーナス日本祭り、午前10時、同文協(Rua Camargo Paes, 118, Jd. […]