ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》高止まりし続ける失業率=数字上は微減だが好転せず=実態は求職しない人増加=雇用創出は目標の半分以下

《ブラジル》高止まりし続ける失業率=数字上は微減だが好転せず=実態は求職しない人増加=雇用創出は目標の半分以下

労働手帳(Marcos Santos/USP Imagens)

労働手帳(Marcos Santos/USP Imagens)

 ブラジル地理統計院(IBGE)が7月31日に、4―6月期の失業率を発表した。同時期の失業率は、3―5月期の12・7%より0・3ポイント減の12・4%に下がった。ところが、失業者数自体は1300万人台で依然多く、職を探さない人が増えたための失業率低下だった。7月31日付現地サイトが報じている。

 12・4%という数字自体は、12・2%を記録した17年11月―18年1月以来の低さだ。また、ちょうど1年前の17年4―6月の13%より0・6ポイント下がった。また、6月の失業者の実数は1300万人で、5月の1320万人より20万人、また、昨年同期の1350万人よりは50万人(3・9%)減った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ