ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州内170カ所の刑務所での携帯電話押収数が、1~3月だけで3999台に上ったという。このペースでこの先も続けば、年間で1万6千台に達することになる。昨年の押収数は1万4267台で、その前年(16年)の1万2254台より16%増えていたのに、さらにはずみがつきそうな勢いだ。また、17年の統計に基づくと、押収された携帯電話数が最も多いのはトレメンベーの刑務所で、その数2460台。2位のカンピーナス刑務所に3倍近い差をつけている。刑務所内の携帯電話は犯罪組織の構成員が新たな犯罪の指令を出したりするのに使われる可能性が高く、通話防止機能強化などの対策が急がれる。
     ◎
 サッカーの世界一クラブ、レアル・マドリッドと巨額契約を交わした18歳のヴィニシウス・ジュニオルが7月31日に、練習試合とはいえ、入団後、初の先発出場。ベンゼマやべイルといったスター選手と共に試合に出場し、強豪マンチェスター・ユナイテッドを相手に積極的なプレーを見せて、好評価を得た。まだ高校生の年齢の少年が、テレビでしか見たことのないような世界的選手に対して物怖じせずにプレーするだけでも立派だ。今後に期待したい。
     ◎
 サンパウロ市南部の大型ファヴェーラ、パライゾーポリスで7月31日夜、火災が発生した。午後8時20分頃にあがった炎は約30軒を焼き、約100人が焼き出されたが、消防車13台が出動し、1時間後(完全鎮火は4時間後)に消し止めた。ここ数日は雨が降っているものの、まだまだ乾燥しやすい季節。火には気をつけたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年5月4日 東西南北  2日のサッカーのサンパウロ州選手権。イタケロン・スタジアムで行われたコリンチャンス対サンパウロは2―2で引き分けた。サンパウロが、18年W杯メンバーで今季から古巣復帰のミランダのゴールで先制も、コリンチャンスが後半40分に逆転。だが、試合終了間際にサンパウロが追いついた。同杯 […]
  • 東西南北2021年5月1日 東西南北  4月29日のサッカーのリベルタドーレス杯。サンパウロは本拠地モルンビでのレンティスタス(ウルグアイ)戦を2―0で勝利した。これでグループリーグ2連勝を飾った。調子が上向きなまま、明日2日はサンパウロ州選手権でのクラシコ(伝統カード)、対コリンチャンス戦を敵地のイタケロンで戦う […]
  • 東西南北2021年4月30日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯に参加中のブラジル勢のグループリーグ第2節までの成績は、28日を終えた時点で、パルメイラス、インテルナシオナル、フルミネンセ、フラメンゴの4チームが首位。29日夜に試合のあったサンパウロも続きたいところ。アトレチコ・ミネイロは現在2位。スタートで2 […]