ホーム | コラム | 樹海 | 外観の美しさか、内面の美しさか

外観の美しさか、内面の美しさか

 最近、メディアを賑わしている話題の一つに、デニス・セーザル・バロス・フルタード医師(通称ドクター美尻)や、パトリシア・シウヴィア・ドス・サントス氏(通称パティ美尻、マッサージセラピスト)らによる美容整形やその被害者の話がある▼フルタード医師とその母親がリオ市の自宅で行った手術後に女性が死亡して以来、手術後に健康被害が出た、術部が変形して人前に出られない、離婚した、命を落としたまで、次から次に被害者の話が出てくる。恥ずかしくて人にも話せず、泣き寝入りしている人もいるだろうから、報じられているのはほんの一部のはずだ▼少量なら使っても良いが大量に使えば危険な材料を使ったり、工業用のシリコンを使ったりと、モラルを疑う報道に眉をひそめた人も多いだろう。だが、この手の話の被害者は、美尻や豊胸に憧れる女性だけではない。「たくましい」と言われたくて必死にトレーニングに励み、友人と出かける事さえなくなったパーソナルトレーナーなどの話も根は同じだ▼一連の話に、「外観にとらわれ易い」という人の性を感じてしまうのはコラム子だけか? この手の犯罪がはびこったのは、コラム子から見れば信じ難い金額を投じ、命や将来を危険に晒す人達がいるからだ。だが、本当にそれで満足し、幸福感を味わえるのだろうか▼貧乏人の僻みかも知れないが、内面の美しさやたくましさを備えた人達の方が、よほど魅力的だと思うのは間違いだろうか。人を泣かせて贅沢に暮らす人や、外観や人の目にとらわれて暮らす人より、家族や友人と泣き笑いし、自分の背丈に合った生活をする人の方がよほど魅力的だと思うのだが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?2019年6月13日 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?  アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだという […]
  • 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長2019年6月11日 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長  4月に県連故郷巡り一行はカリフォルニア州のコルマ日本人墓地で、咸臨丸の水夫3人の墓を見学した。その際、連載記事で《咸臨丸は1860年2月10日にサンフランシスコに到着した。38日間で8573キロを渡る大航海であり、日本人最初の太平洋横断だった》と書いたが、大変な間違い […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]