ホーム | コラム | 樹海 | 外観の美しさか、内面の美しさか

外観の美しさか、内面の美しさか

 最近、メディアを賑わしている話題の一つに、デニス・セーザル・バロス・フルタード医師(通称ドクター美尻)や、パトリシア・シウヴィア・ドス・サントス氏(通称パティ美尻、マッサージセラピスト)らによる美容整形やその被害者の話がある▼フルタード医師とその母親がリオ市の自宅で行った手術後に女性が死亡して以来、手術後に健康被害が出た、術部が変形して人前に出られない、離婚した、命を落としたまで、次から次に被害者の話が出てくる。恥ずかしくて人にも話せず、泣き寝入りしている人もいるだろうから、報じられているのはほんの一部のはずだ▼少量なら使っても良いが大量に使えば危険な材料を使ったり、工業用のシリコンを使ったりと、モラルを疑う報道に眉をひそめた人も多いだろう。だが、この手の話の被害者は、美尻や豊胸に憧れる女性だけではない。「たくましい」と言われたくて必死にトレーニングに励み、友人と出かける事さえなくなったパーソナルトレーナーなどの話も根は同じだ▼一連の話に、「外観にとらわれ易い」という人の性を感じてしまうのはコラム子だけか? この手の犯罪がはびこったのは、コラム子から見れば信じ難い金額を投じ、命や将来を危険に晒す人達がいるからだ。だが、本当にそれで満足し、幸福感を味わえるのだろうか▼貧乏人の僻みかも知れないが、内面の美しさやたくましさを備えた人達の方が、よほど魅力的だと思うのは間違いだろうか。人を泣かせて贅沢に暮らす人や、外観や人の目にとらわれて暮らす人より、家族や友人と泣き笑いし、自分の背丈に合った生活をする人の方がよほど魅力的だと思うのだが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]