ホーム | コラム | 樹海 | 外観の美しさか、内面の美しさか

外観の美しさか、内面の美しさか

 最近、メディアを賑わしている話題の一つに、デニス・セーザル・バロス・フルタード医師(通称ドクター美尻)や、パトリシア・シウヴィア・ドス・サントス氏(通称パティ美尻、マッサージセラピスト)らによる美容整形やその被害者の話がある▼フルタード医師とその母親がリオ市の自宅で行った手術後に女性が死亡して以来、手術後に健康被害が出た、術部が変形して人前に出られない、離婚した、命を落としたまで、次から次に被害者の話が出てくる。恥ずかしくて人にも話せず、泣き寝入りしている人もいるだろうから、報じられているのはほんの一部のはずだ▼少量なら使っても良いが大量に使えば危険な材料を使ったり、工業用のシリコンを使ったりと、モラルを疑う報道に眉をひそめた人も多いだろう。だが、この手の話の被害者は、美尻や豊胸に憧れる女性だけではない。「たくましい」と言われたくて必死にトレーニングに励み、友人と出かける事さえなくなったパーソナルトレーナーなどの話も根は同じだ▼一連の話に、「外観にとらわれ易い」という人の性を感じてしまうのはコラム子だけか? この手の犯罪がはびこったのは、コラム子から見れば信じ難い金額を投じ、命や将来を危険に晒す人達がいるからだ。だが、本当にそれで満足し、幸福感を味わえるのだろうか▼貧乏人の僻みかも知れないが、内面の美しさやたくましさを備えた人達の方が、よほど魅力的だと思うのは間違いだろうか。人を泣かせて贅沢に暮らす人や、外観や人の目にとらわれて暮らす人より、家族や友人と泣き笑いし、自分の背丈に合った生活をする人の方がよほど魅力的だと思うのだが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(2)2021年5月7日 安慶名栄子著『篤成』(2)  私は安慶名栄子から、この本を沖縄の親戚の皆さんに父の足跡を知って頂きたく日本語に翻訳したい、という相談を受け、早速宮原ジャネ朋代にお願いして出来上がった翻訳文を一気に読みました。いや、引き込まれるように読み続けずにはおれませんでした。読み終わって後も感動の波が私の胸の中に波打 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]