ホーム | 日系社会ニュース | 大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」

大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」

粟嶋さん、外山さん

粟嶋さん、外山さん

 大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に行なった『ポルトガル語スピーチコンテスト』で優勝した外山朝陽さん(17、愛知県豊橋市)と同協会の粟嶋裕さんが7月25日に来社した。
 同協会は同コンテスト優勝者を毎年ブラジルに派遣している。外山さんは24日にブラジルに到着し、1日まで弓場農場やサンパウロ市難民施設などの視察を行なった。
 愛知県立千種高校3年生の外山さんは英語討論部に所属し、全国大会出場経験も持つほか、小学生からスペイン語を勉強するなど語学に堪能。
 豊橋市で生まれ育ち、日本のブラジル人コミュニティをはじめ在日外国人の生活を身近に見ていたことから「移民に興味がある」とのこと。「今回の視察では日本に住む外国人の日本社会への適応をどう助けられるかのヒントを得られたら」と期待した。
 粟嶋さんは「日本移民110周年という良いタイミングだったのでは。過去に派遣された人ともネットワークを構築し、色々なところで活躍して欲しい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ファッション誌に日系モデル起用=移民110周年で記念特別号2018年7月12日 ファッション誌に日系モデル起用=移民110周年で記念特別号  グローボ出版のファッション誌「マリ・クレール」7月号でブラジル日本移民110周年記念特集が組まれている。表紙には3人の日系女性モデルが起用され、中央ではサブリナ・サトウさんが微笑んでいる。  雑誌作成に関わった日系記者やスタイリスト、カメラマンや写真家も顔写真と名前 […]
  • 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い2018年6月19日 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い  《幾山河ここに恋あり命あ里》という川柳を見た覚えがないだろうか――サンパウロ市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街の大阪橋のたもとにある、日本庭園を入ったすぐ左に建てられている句碑の作品だ。  東洋街に出入りしながら、心を焦がすような熱い恋をして、命を削るような辛い思い […]
  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》2018年6月13日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》 「県の駐在員を置くこと」  県人会を「母県の出先機関」と位置付けることを提案しておられるコロニアの方もおられる。このアイデアは、コストもそれほどかからず現実的で実現可能である。  なぜなら、①ブラジルには県などの補助金を得て県人会館を設置している県が30県以上あ […]
  • 横浜市議視察団10人が来伯=サントス市と連携強化目指す2017年4月28日 横浜市議視察団10人が来伯=サントス市と連携強化目指す  横浜市議会視察団(横山正人団長)は、15年に包括的連携協定を結んだサントス市庁舎訪問などを目的として、今月24日から27日にかけて、リオ、ブラジリア、サンパウロの3都市を視察した。  ドイツ、ルーマニアを視察した後に来伯した一行は、リオ五輪跡地を視察して都市計画につ […]
  • 《ブラジル》菊地義治さんの日本移民110周年実行委員長就任を歓迎2017年2月4日 《ブラジル》菊地義治さんの日本移民110周年実行委員長就任を歓迎  パラナ州では1月29日に連合会総会が開かれ、上口寛氏(66、鹿児島県)が新会長に選ばれ、開口一番に「110周年に向け、今日から動き出さなければ」と提言。その場で西森ルイス連邦下議を祭典委員長、折笠力己知(りきち)前連合会長を祭典副委員長、上口氏を実行委員長とする実行委員会 […]