ホーム | 日系社会ニュース | 伊波興祐さん=約20年振りに下議選出馬=インターネットで周知図る

伊波興祐さん=約20年振りに下議選出馬=インターネットで周知図る

来社した伊波さん

来社した伊波さん

 元連邦下議の伊波興祐さん(78、沖縄県系三世)が約20年振りに連邦下議選に出馬する。伊波さんは1970~90年代、サンヴィセンテ市議、連邦下議などを歴任した。87―91、91―99年の2回目の連邦下議時代はPSDBの日系下議として活躍した。
 伊波さんは7月24日に来社し出馬を表明。下議時代に所属したPSDBではなく、PRS所属となる。PSDB所属で服役中のエドゥアルド・アゼレードや、同党首だったアエシオ・ネーヴェス氏の汚職が報じられていること、また同じサンビテンテ出身のマルシオ・フランササンパウロ州知事から勧められたことを出馬の理由とした。
 1940年にサントスで生まれた伊波さん。慣れないインターネットを駆使し、人々へのアピールを続けている。「私が連邦下議だった経歴を思い出してくれれば」と期待した。
 伊波さんは「ペスカ法」などの法立案を援助したほか、94年にはサントスの日本人学校全面返還を求めて議会に法案を提出した。また1978年には市長としてサンヴィセンテ市と沖縄県那覇市の姉妹・友好都市提携を結んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦2017年6月2日 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦  昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形 […]
  • ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死2017年1月21日 ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死  19日に連邦最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事の搭乗した小型飛行機が墜落し、同判事ら5人が死亡した事件で、ブラジルは現在、大きな衝撃に包まれている。  それはテオリ判事が、労働者党(PT)前政権(2003~16年5月)と現在のテメル政権を揺るがしている一大汚職、「ラヴァ・ジャッ […]
  • 汚職防止法改正案=検察庁が猛烈な抗議=デラソン企業の無罪化など=ジウマのMPの内容に酷似=政府は来週投票を望むも2016年11月11日 汚職防止法改正案=検察庁が猛烈な抗議=デラソン企業の無罪化など=ジウマのMPの内容に酷似=政府は来週投票を望むも  連邦検察庁は9日、「汚職防止法」の中の企業を対象とする「報奨付供述(デラソン・プレミアーダ、司法取引)」に関し、デラソンに応じた企業やその関係者には見返りとして捜査を打ち切りにするなどの内容を含む改正案が下院で出回ったことを知り、緊急の記者会見を開き、「これまでの捜査を台 […]
  • ルーラさんの功罪=パラナグア 増田二郎2016年4月27日 ルーラさんの功罪=パラナグア 増田二郎  この頃、テレビをつけたり、あるいは新聞や週刊誌をめくると、目に入るのはPT(労働党)政権の汚職事件ばかりです。その水増し予算や公共事業費ピンはねは通常の度を越し過ぎていて、ここに至ってとうとうジルマ大統領の弾劾裁判に発展しようとしています。 ブラジルの歴代大統領にも、規模の大 […]
  • 東西南北2016年3月9日 東西南北  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(PSDB)は7日、サンパウロ州商業協会のイベントで、エル・ニーニョ現象に伴うこの春~夏の豊富な降水量から「水危機は解消した」と言い切った。この席で同知事と隣り合った州内政界の大物のひとり、パウロ・マルフ氏はこの席上で、アウキミン氏の政治 […]