ホーム | 日系社会ニュース | IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化

IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化

挨拶する交流ネットの林事務局長

挨拶する交流ネットの林事務局長

 サンパウロ市リベルダーデ区の教育健康開発協会(IDES、セルジオ・デ・マトス・オリベイラ会長)の中に、NPO法人交流ネット(本部=愛知県)などが進める日語教育を中心とする支援センターが新設され、7月16日に開所式が行われた。

 交流ネットの林勉事務局長、アバンセ・コーポレーションの島田英治事務取締役、法人ブラジリアン・ビジネスグループ(本部=神奈川県)の橋本秀吉代表らが出席し、デカセギ希望者向けの無料日語教育機関の発足を祝った。開所式後は懇親会のほか、初授業も行われた。

 日語教育支援を行なう交流ネットの林事務局長(37、愛知県)は同センターの開設について「起業して成功する人や会社内でのキャリアアップを目指すなど、在日日系人を含め、日本側の受け入れ態勢も変化している。訪日就労者が一歩踏み出せる支援を、日伯両方でしていけたら」と活動目的を語った。

 同センターでは訪日就労や留学など、訪日予定の日本語学習希望者に日本語の授業を行なう。将来的にCADの授業など職業訓練の実施も計画しているそうだ。

 日語教室では査証発給要件である日本語能力N4相当の能力取得を目指す。遠方に住む人のためにインターネットで講義が受けられる「Eラーニング」の授業も用意する予定。

 林事務局長は「過疎化が進む日本の田舎に住み、スキルや日語能力を獲得した日系人が企業の重役に就くようになるのが理想」と目的の意図を語った。林事務局長によると、ブラジルの不況のため家族で訪日する日系人も増え、ブラジルから日本へ「移民」するような現象が起きているそうだ。

 人手不足により会社の経営を日系人に任せたいという人も出てきているという。「日系人の将来像が変わりつつある。成功例をつくりたい」と意気込んだ。

 式典後に行われた授業に参加したヴィトル・ニイチ・ダ・シウヴァさん(四世、26)は、「自分のルーツである国への興味もあるし、日本に親戚が住んでいる。日本に行ってみたい」と日本語学習の理由を語った。

 同会の日本語教師コーディネーター、松岡佐智江さんは「ここでは会話を中心に身につけるため、日本語を日本語で教える。留学やデカセギに行く人に利用して欲しい」と期待した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」2018年8月4日 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」  ブラジル岐阜県人会(長屋充良(ながやみつよし会長)は「県人会創立80周年、移住105周年、岐阜県農業高校生海外実習派遣40周年記念式典」を7月29日、サンパウロ市リベルダーデ区の広島文化センターで開催した。約40人が母県から駆けつけ節目の日を祝した。今年2月に就任した […]
  • バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方2017年9月6日 バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方  「南米日本語教育シンポジウム2017」が8月25日から27日まで、サンパウロ市の援協本部神内ホールで開催され、日本語教師ら約140人が参加した。国際交流基金、「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(科研)研究チームの共催。日本語教育とバイリンガルに関 […]
  • バイリンガルの育て方=(上)=ブラジル側の日本語教育の場合2017年9月1日 バイリンガルの育て方=(上)=ブラジル側の日本語教育の場合  「親が持てる限りのボキャブラリー(語彙)で、年齢に応じた言葉のシャワーを子どもに浴びせることが大事。豊かな語彙に親しんだ子供ほど、豊かな表現が可能になる。豊かな表現ができれば、微妙な差異を言葉で表現できるようになり、それを積み重ねることで論理的な思考能力を獲得しやすく […]
  • 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版2016年2月19日 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版  日伯文化連盟(アリアンサ)で30年以上、日本語教師を務めた栗原章子さんが先月、『ポルトガル語日本語小辞典』を出版した。教師時代、生徒から「ポケットサイズの簡単な辞書がほしい」との要望があり、かねてから発刊を望んでいたという。 日本語学習者からよく質問された言葉や、デカセギ向け […]