ホーム | 日系社会ニュース | IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化

IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化

挨拶する交流ネットの林事務局長

挨拶する交流ネットの林事務局長

 聖市リベルダーデ区の教育健康開発協会(IDES、セルジオ・デ・マトス・オリベイラ会長)の中に、NPO法人交流ネット(本部=愛知県)などが進める日語教育を中心とする支援センターが新設され、7月16日に開所式が行われた。

 交流ネットの林勉事務局長、アバンセ・コーポレーションの島田英治事務取締役、法人ブラジリアン・ビジネスグループ(本部=神奈川県)の橋本秀吉代表らが出席し、デカセギ希望者向けの無料日語教育機関の発足を祝った。開所式後は懇親会のほか、初授業も行われた。

 日語教育支援を行なう交流ネットの林事務局長(37、愛知県)は同センターの開設について「起業して成功する人や会社内でのキャリアアップを目指すなど、在日日系人を含め、日本側の受け入れ態勢も変化している。訪日就労者が一歩踏み出せる支援を、日伯両方でしていけたら」と活動目的を語った。

 同センターでは訪日就労や留学など、訪日予定の日本語学習希望者に日本語の授業を行なう。将来的にCADの授業など職業訓練の実施も計画しているそうだ。

 日語教室では査証発給要件である日本語能力N4相当の能力取得を目指す。遠方に住む人のためにインターネットで講義が受けられる「Eラーニング」の授業も用意する予定。

 林事務局長は「過疎化が進む日本の田舎に住み、スキルや日語能力を獲得した日系人が企業の重役に就くようになるのが理想」と目的の意図を語った。林事務局長によると、伯国の不況のため家族で訪日する日系人も増え、伯国から日本へ「移民」するような現象が起きているそうだ。

 人手不足により会社の経営を日系人に任せたいという人も出てきているという。「日系人の将来像が変わりつつある。成功例をつくりたい」と意気込んだ。

 式典後に行われた授業に参加したヴィトル・ニイチ・ダ・シウヴァさん(四世、26)は、「自分のルーツである国への興味もあるし、日本に親戚が住んでいる。日本に行ってみたい」と日本語学習の理由を語った。

 同会の日本語教師コーディネーター、松岡佐智江さんは「ここでは会話を中心に身につけるため、日本語を日本語で教える。留学やデカセギに行く人に利用して欲しい」と期待した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方2017年9月6日 バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方  「南米日本語教育シンポジウム2017」が8月25日から27日まで、聖市の援協本部神内ホールで開催され、日本語教師ら約140人が参加した。国際交流基金、「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(科研)研究チームの共催。日本語教育とバイリンガルに関する興味 […]
  • 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版2016年2月19日 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版  日伯文化連盟(アリアンサ)で30年以上、日本語教師を務めた栗原章子さんが先月、『ポルトガル語日本語小辞典』を出版した。教師時代、生徒から「ポケットサイズの簡単な辞書がほしい」との要望があり、かねてから発刊を望んでいたという。 日本語学習者からよく質問された言葉や、デカセギ向け […]
  • ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換2006年7月22日 ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換 ニッケイ新聞 2006年7月22日付け  第二十一回汎米日本語教師合同研修会が十八日から二十六日までの九日間、ブラジル日本語センター(谷広海理事長)で行われている。カナダ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ、ボリビアの七カ国から十四人、ブラジル国 […]
  • 市役所や姉妹都市協会を表敬訪問した奥泉さん(左から3人目)2015年5月29日 大阪・聖市姉妹都市=親善大使 奥泉さんが帰国=「変えがたい経験得た」  昨年45周年を迎えた大阪・サンパウロ姉妹都市提携記念事業の一環とし、親善大使として3月9日から2週間訪日した奥泉みどりさん(19、三世)が報告のため来社した。 生まれは聖市だが、4歳から小学校5年まで愛知県豊川市で過ごしたデカセギ子弟。昨年の日本語センター主催スピーチコン […]