ホーム | コラム | 樹海 | ブラジル司法界は〃現代の貴族階級〃か?

ブラジル司法界は〃現代の貴族階級〃か?

手前が9月から最高裁長官になるジアス・トフォリ判事、次がジルマール・メンデス判事(Foto: Nelson Jr./SCO/STF)

手前が9月から最高裁長官になるジアス・トフォリ判事、次がジルマール・メンデス判事(Foto: Nelson Jr./SCO/STF)

 ブラジルには良心といえる社会機構が存在しないのか――そんな暗澹たる気持ちになった。最高裁が8日、2019年の自らの給与を16・38%増やす調整を〃お手盛り可決〃したというニュースを聞いて、そう感じた。「espelho moral da sociedade(社会の道徳的な鑑、模範)」であるべきと期待されている人たちですら、その体たらくかと。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ