ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁第2小法廷がPP党首の告発を棄却=またも政治家に甘い裁定

《ブラジル》最高裁第2小法廷がPP党首の告発を棄却=またも政治家に甘い裁定

 最高裁第2小法廷は14日、進歩党(PP)党首のシロ・ノゲイラ上議の収賄容疑に関し、同裁でのラヴァ・ジャット作戦報告官のエジソン・ファキン判事の意向に反し、「証拠不十分」として告発を取り下げる判断を行った。15日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ