ホーム | 日系社会ニュース | 110周年=日本祭りで義援金約5500レ=西日本豪雨の義援金集める

110周年=日本祭りで義援金約5500レ=西日本豪雨の義援金集める

110周年記念祭典委員会から義援金が渡された

110周年記念祭典委員会から義援金が渡された

義捐金を届けた広島カープファンのグループ

義捐金を届けた広島カープファンのグループ

 ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)が8日、ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)に日本祭りで集めた義援金5468・30レを渡した。同センターは先月の西日本豪雨被害のため義捐金を募っている。譲渡はサンパウロ市文協ビルの貴賓室で行なわれ、同委員会の菊地実行委員長、呉屋祭典委員長、平崎会長らが出席した。
 菊地実行委員長は多くの人から協力があったと挨拶し、「祭り会場で義援金キャンペーンを見た非日系の方がすぐに協力してくれた場面もあった。災難に遭った人を助けたいという気持ちが伝わった」と振り返った。募金箱の中には100レアル札が25枚も入っていたと明かした。
 平崎会長は「思ってもいない義援金をいただき、心から感謝している。皆さんの協力でたくさん集まってきている」と謝辞を述べた。
 広島文化センターで義援金キャンペーンを発表した後、2千レの小切手を届ける人や、広島カープファンのグループから2千レを受け取るなどの反響があったそうだ。
 同センターの義捐金キャンペーンは9月中旬まで。同センターの義援金キャンペーン用特別口座の振込先は以下の通り。《CENTRO CULTURAL HIROSHIMA DO BRASIL, CNPJ 47.851.779/0001-12, BANCO SANTANDER (033), Agencia ? 4551 ? Rua Galvao Bueno, 31, C/C ? 000130 03986 5》

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • アマゾン90周年のバラード=歌手ZENKYUさん発表2019年1月19日 アマゾン90周年のバラード=歌手ZENKYUさん発表  日本のアマチュア歌手「ZENKYU」(本名=小川善久(よしひさ)、53、和歌山県)=千葉県在住=が、アマゾン日本人移住90周年を思いながら書き下ろしたロック・バラードの新曲「この地に舞い降りたのは」を作り、さっそく年明けにライブ録画し、インターネット上に映像を公開した。9 […]
  • 大耳小耳2019年1月15日 大耳小耳  「リオ祭り」が今月25~27日に、バッラ・ダ・チジュッカ区にあるリオセントロ・コンベンション・イベントセンターの第四パビリオン(Av. Salvador Allende, 6555 – Barra da Tijuca, Rio de Janeiro, […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]